「見える化」して勉強効率アップ!/さわみー

まずは自己紹介

みなさん、はじめまして!遅ればせながらタキプロ9期関東ブログ班として新たに参加させて頂くことになりました、さわみーです。

小売業に勤務していて、予算管理や数値分析、営業企画的な仕事を行うような部署に所属している、30代半ばの中年男子です。ちなみに家族構成は、妻と子供1人、そして父母の2世帯で生活しており、休日は家族で一緒に過ごす時間と決めています。そのため、自分の生活の中にある行動のムダ取りを行うことによって、平日に勉強時間を確保していました。

4年のブランク…そして合格!

そして実は、独身だった4年前にも一度試験に挑戦したことがあります。1次は合格したものの2次は不合格(オールD判定)という結果でした。しかし、今回再挑戦した平成29年度試験では、1次は7科目合計で546点(経済学は奇跡の100点!財務会計92点)、2次は4科目合計で251点(AAAB)獲得し、無事合格する事が出来ました!

こんな風に、4年も間を空けて再受験する人はなかなかいないと思うんです。前回受験時に覚えたはずの知識に期待していたのに、テキスト内容が意外と変わっていたり、全く記憶に残っていない科目があったり…。この経験をRPGゲームに例えるならば、「強くてニューゲーム」だと思ってプレイしたら、実は「ラスボス前で冒険の書が消えていた」ので1からやり直し、位のメンタル落差です。経済学や財務会計に関しては、勉強した分だけ成果に繋がる、という特徴通り、強くてニューゲーム状態を体感できた訳ですが。

勉強効率アップ!「ハリネズミ作戦」

今回は、こういった受験経験を経て編み出した、私のメイン勉強方法、題して「ハリネズミ作戦」をご紹介します!ちなみに今も別の資格勉強をしていますが、全く同じ方法を使っています。

用意するもの

・問題集
・ふせん(細いふせんだと、ハリネズミ感が出て触り心地がいいです)

手順

①問題を解きます。

②理解できない問題が出たら、問題の横にふせんを貼ります。
※ここで自分に厳しく判定する事がとても大切です!

③全ての問題を解きます。

④こんな感じになります、まさにハリネズミ!

⑤今度はふせんの付いた問題だけを解いていきます。

⑥「これで完璧!」状態になった問題だけふせんを外します

⑦ふせんが付いた全ての問題を解きます。

⑧以降、⑤~⑦を繰り返して、ふせんがほぼ無くなるまで続けます。

ハリネズミ作戦のメリット・デメリット

この勉強方法、個人的にはこんなメリットがあると思っています。

・分からない問題だけを的確に勉強でき、勉強効率アップ
・各科目の習熟具合が「見える化」され、今後の計画が立てやすい
・毎日の頑張りが「見える化」され、モチベーションアップ

デメリットとしては、

・ふせん代がちょっとかかる
・外したふせんが靴下に付いたりして、ちょっと邪魔…

という感じです。気分転換したい方はぜひ1回試してみてください。だんだんとふせんが減っていく様は、勉強が進んでいくのを体感できて、気分がいいですよ!

 

こんな感じで、みなさんの合格率が1%上がるアイデアを提供できるように頑張っていきます。これからよろしくお願いします!

さてさて明日は、外資系IT・育休明けママなかじーさんの「育休ママの試験対策」です、お楽しみに!

 

========================

【勉強会・セミナーの詳細、お申込みはこちらのページから】

【メルマガの過去記事はこちらのページから】

【メルマガの購読はこちらのページから】

========================

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

↓下のボタンを押して、読んだよ! と合図していただけると、とっても嬉しいです。(診断士関連ブログの人気ランキングサイトが表示されます)

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です