タキプロ的おすすめ書籍「自分をいかして生きる」


皆様の応援がタキプロ365日更新の原動力となります。
まずは、ぽちっと押して、応援お願いします♪

こんにちは!ふくまにあ@タキプロ九州です

すっかり夏も盛りになっています。みなさまいかがお過ごし?
受験生のみなさま、特に体調管理に気を配ってくださいね。
 
さて、さっそく今週のおすすめ書籍をご紹介しましょうね。自分をいかして生きる 西村佳哲」です。

自分をいかして生きる/バジリコ
¥1,470
Amazon.co.jp

ご存じの方も多いかもしれませんが、この本は「自分の仕事をつくる」という西村さんの前著の補稿として書かれたもののようです。
ふくまにあ、「自分の仕事をつくる」は読んでいないのですが、

「自分の仕事」ってなんなんだろう、どうやったら「自分の仕事」ってできるんだろう、
とずっと考え迷い続けていますから、とても興味があります

自分の仕事をつくる/晶文社

¥1,995
Amazon.co.jp


ビジネス書を読むと、よく、自分の得意なことを伸ばしなさい、好きなことを見つけなさいと書いてありますよね
けど、本当にみんながそんなことわかってるんでしょうか。

この本のタイトルも「自分をいかして」とありますね。
けど、そもそもいかすべき自分があるのかどうかも、ふくまにはよくわからないのですよ 

診断士になる前も診断士になってからも、
いえむしろ診断士になってからの方が「自分の仕事」「自分をいかす」ことに迷い苦しんでいる気がします。

そんなふくまにあに、この本の一部がヒントをくれました

自分がお客さんでいられないことは何か?という問いはどうだろう。
他の人がどれほど素晴らしくやっていても、その成果の享受をただ楽しめること。
他の誰かがやっていても構わずにいられる仕事は、いわば他人事の仕事といえる。

自分はどの仕事の分野でだったら、他人の功績に憧れ、悔しがるだろう。
思わずお節介にも手を出してしまう仕事はないだろうか。

そう考えると、ずいぶん具体的に仕事のイメージができ始めるようです。

そして、

どんな成果も結果であって、頭が可能にすることもあるが、時間が可能にしてくれることもある。必要な時間を経ないことには姿を現さないものごとがある。

この言葉に心底ホッとしたんです

これからの長い仕事人生の中でいずれ読み返すであろうおすすめの一冊です 
 

勉強会(東京地区)を開催しています
 

参加申し込み絶賛受付中
?

? ・7/19(木)19時~ 新橋生涯学習センター

   自習・よろず相談会

 ・7/26(木)19時~ 佃区民館

   1次・2次ダブル勉強会

   (1次部屋と2次部屋の2種類ご用意☆)

 参加の申込はこちら

====================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。

ぽちっと押して、応援お願いします♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です