ワッキーの一次対策~中小企業経営・政策~

皆さん、こんにちは!タキプロ10期のワッキーです。

今まで2次対策の投稿が多かったのですが、今日は一次対策をしたいと思います。

中小企業経営・政策は、皆さんご存知のとおり、中小企業白書から50点分、中小企業施策利用ガイドブックから50点分が出題されます。少し乱暴な言い方をすると、この2つを全て丸暗記すると、100点を取れることになります。

しかし、この2冊を全て丸暗記などできないし、できたとしても時間の無駄です。では、どうすれば効率よく点を取れるのでしょうか?正直言って、ベタな方法しかありません。頻出の個所を徹底的にやることです。

予備校に通っている人は、予備校から「中小企業経営・政策」の頻出項目等を貰っているのではないでしょうか?そういったものを配布しているところが多いようです。私も某予備校に通っている友人から貰いました。それによってかなり絞り込むことができます。

そういった伝手がない人も心配する必要はありません。市販の問題集2冊程度買えば、概ねその範囲は網羅されます。私は、TACのスピード問題集・スピードテキスト、早稲田出版の特訓問題集(中小企業白書・中小企業施策)をやりました。決めたら後はひたすらやるだけです。私はスピ問は10回ぐらい繰り返しました。(問題集等の選定については、受験生の皆様がご自分で選択してください。人によって向き不向きがあり、私に合った問題集が必ずしも皆様に適合するとは限りません。あくまでも参考です。)

一つ言えるのは、運営管理や企業経営理論等とは違い、やった時間と得点は素直に比例する、ということです。試験本番まで後1か月、暗記物を集中的にやる時期に来ていると思います。

二次試験まで進めるよう、最後まで頑張ってください。

========================
【勉強会・セミナーの詳細、お申込みはこちらのページから】
【メルマガの購読はこちらのページから】
========================
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
↓下のボタンを押して、読んだよ! と合図していただけると、とっても嬉しいです。

(診断士関連ブログの人気ランキングサイトが表示されます)

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です