ゆっくりのんびり、少しずつ確実に前へ!

おはようございます。ぷらむ@タキプロ6期です。

2次筆記試験を受験された皆様、お疲れさまでした。
ほっとひと息といったところでしょうか。

今日は、「今、この時期、何をしたほうが良いのか」について書いていきます。

2次筆記試験の結果には2通りありますよね。
見事に合格された場合、口述試験が待っています。口述試験の準備をしっかりしたいですよね。
残念ながら合格できなかった場合、再チャレンジする方が多いでしょう。来年度に向けて、さらなるパワーアップをしたいところです。

ということは、どちらにしても今年の2次筆記試験の問題は読み込んでおいたほうが良いでしょう。再現答案を作成しておいたほうが良いでしょう。

本番での失敗を見つけたくないから、再現答案を作らないという人もいます。しかし、現在の実力を知ることは重要です。中小企業診断士を目指すなら、現在の問題点を把握して、なぜその問題が生じたのかを診断して、改善策を考えて、自分自身に助言してみてはいかがでしょう。

1か月半後、どちらの結果になったとしても、今、この時期に、今年の2次筆記試験の問題を読み込み、再現答案を作成しておいて損はありません。

再現答案はきっちりと文字数通りに作成する必要はありません。このように考えて、このような切り口で、このような論理構成で、このような言葉を使って解答したということを確認していくのです。

また、2次筆記試験前ほどのペースで学習する必要もありません。今まで犠牲にしてきた家族サービスや自分の余暇などは、今、この時期に楽しんでおきましょう。家族サービスや自分の余暇などを楽しみつつ、自分のペースでゆっくりのんびりと、しかし少しずつ確実に前に進んでいきましょう

 

以上、ぷらむ@タキプロ6期でした。

 

====================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

====================

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です