【中小企業経営・政策】平成18年 第30問 担保の全部又は一部を不要とする融資制度

第30問

 中小企業金融公庫、商工組合中央金庫で取り扱っている「担保の全部又は一部を不要とする融資制度」に関する記述の正誤について、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a 対象は、特別貸付制度(チャレンジ融資またはセーフティネット・再生融資)の貸付対象となる中小企業者である。

b 貸付限度額は、1企業あたり1千万円である。

c 融資の前提条件の1つに適切な上乗せ金利の設定がある。

[解答群]

ア a:正  b:正  c:誤

イ a:正  b:誤  c:正

ウ a:誤  b:正  c:誤

エ a:誤  b:誤  c:正

正解)イ

細かい論点を問われています。知っている部分で、選択肢を絞り込み、2択まで持っていきたいところです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です