財務・会計の呪いを解き放った2ステップ

おはようございます。水曜日の朝担当、duck@タキプロです。

今回は『1次試験の苦手科目とその対策、克服法』をお送りします。

私の苦手科目は何と言っても『財務・会計』
診断士の勉強を始めたときには、完全に知識ゼロでした
(ぶっちゃけ、財務と会計の違いも分かっていませんでした
1年目の1次試験は4科目合格で、財務・会計は何とか科目合格。
しかし、3科目が不合格だった原因は、
財務・会計に勉強時間を取られ過ぎてしまったからです

財務・会計が一定のレベルを超えるまで、
予定より半年も多く掛かってしまいました。
そりゃ、後の科目をやる時間が無くなるわけです
ということで、『財務・会計』が1年目に落ちた理由です

さて、そんな私の財務・会計の呪い克服法をご紹介します。

他の記事でも書かれてきたことですが、
苦手科目について、共通して言えることは、
イメージがわかないということだと思います

私もその状態で、個々の用語や計算方法は覚えられるものの、
それが本当に意味するところや、他の用語との関連性などが全く把握出来ませんでした。
そもそも、貸借対照表と損益計算書の関係性すら見えてこないのでした

そんな私が財務・会計のイメージを持ち、戦えるようになったのは、
次の2つのステップのおかげです。

 科目のイメージが持てる、超基礎本を読む
社長になる人のための経理の本 (日経ビジネス人文庫)/岩田 康成

まず、損益計算書・貸借対照表・キャッシュフロー計算書などの大枠を
理解するのに役立ちました。
診断士試験の範囲から逸脱している部分も少ない上に、
講義方式であるため、読みやすいのもメリットでした。

ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書)/石野 雄一

こちらは名前の通り、ファイナンス(財務)に特化した本です。
現在価値 WACC NPV とハテナが出まくっていた私に、
タイトル通り、『ざっくり』とした方向性を与えてくれた本です。

どちらの本も、会社の同僚・後輩(診断士や簿記などの受験生ではありません)に
貸したところ、『読みやすい・分かりやすい』と好評でした。
財務・会計のイメージがわかない人は、試験直前ではないこの時期に、
一度、目を通すと良いでしょう。

 計算問題を毎日少しずつ繰り返す
正確なイメージまで持てれば、あとは訓練するだけです
ここから先は毎朝計算問題集をコツコツとやりました。

私は大学で物理を専攻していたのですが、
物理現象のイメージが持てても、数学の力が足りずに物理現象を数式で
表現できないことがありました。このようなときは数学力を高めれば、
物理への理解も深まって、総合力が上がりました。
を終えた直後は、それと同じ状態ですので
計算能力を高めれば、総合力は上がると確信を持っていたのです。

もともと知識があり、財務・会計が得意な方でも、
1次試験の財務・会計は時間不足で得点を失うことがあります。
時間内で一定の得点を確保する力をつけるには、
計算問題集をやり続けることが必須だと感じています。

なお、この勉強法のおかげで、私は2次試験では事例Ⅳを
得点稼ぎの科目にすることが出来ました

    

昨年度合格者も人それぞれに苦手科目を持っていました。
それぞれが、苦手科目を自分なりの方法で克服していったのです。
自分の状況に近い人から、話を聞いてみたくありませんか

タキプロでは、昨年度合格者の生態を知る、

タキプロ「絶対」合格セミナーを開催します
3/24(土)13:00~17:00@日本橋公会堂

詳しくはブログトップページをご覧下さい。

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です