メンタルを制する者は2次試験を制す

おはようございます。

今週ももう木曜日ですよー。

木曜日の朝6時は?

そうタコ@タキプロのブログです!(笑)

っとそれ以上にもう9月!

2次試験まで時間がない!

早速今日の本題へ

<2次試験事例Ⅰ対策>

朝1番の事例Ⅰで失敗したら、

事例Ⅱ以降テンションガタ落ちY(>_<、)Y

もう試験投げ出したくなってしまうかも

そうならないためにも

出来る限りのことを本日お伝えしたいと思います(・ω・)/

まず第一に

事例Ⅰは例え難しかろうとも諦めない、むしろ開き直ること!!

事例Ⅰで怖いのは失敗を引きずること。

他の科目すべてに影響しますからねガーン

よって、事例Ⅰでは出来なかったら周りもみんな出来ていないと確信すること!

私の感覚ですが、事例Ⅰでは大きな差は生まれません!

一部出来ている人は存在するかとは思いますが、9割の方はダンゴだと思います。

私はそう信じていました。

次に

事例Ⅰに関する細かいテクニックも多数あるとは思いますが、

それは1次試験後に2次試験対策を始めた私が

いかにして1年間勉強してきた方と戦うのか考えたところ、

それよりもっと大切なことがあると思ったので、あまり用意していませんでした。

むしろメンタルで勝つ!

のが1番だと思ったので、テクニック以上に精神論を重視しました。

特に、2次試験2年目の受験の方は

翌年の2次試験の受験資格を持っていない方が大半です。

に比べて、初受験の私は来年も権利を持っている。

2次試験に対する知識や経験値では全く敵わないでしょうが、

メンタルでは絶対有利なはずなんです!

って思うだけでも、初受験の方は気楽になりませんか?

試験中にも落ち着けるはずです。

自分より切羽詰まった方がいるのですから。

その知識や経験値の差をひっくり返す大番狂わせに可能性も十分にあります。

逆に、来年の2次試験受験の権利のない方はそのプレッシャーにいかに打ち勝つか

の対策が大切ですね。

知識や経験値は絶対に1年目に方に比べて高いのですから。

結局言いたいことは自信を持ってほしいということです。

自分が出来ない問題を解ける受験生がいるはずがない!

くらいのふてぶてしさもあっていいと思います。

すれば事例Ⅰの試験後にメンタルを崩されることもありませんから。

基本的に2次初受験生向けに話しましたが、

もし2年目の受験生がこんな精神で私見に臨めたら、最強ですね(笑)

==========================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

==========================

えっ!?タキプロってメルマガも?ブログとは一味違う情報配信してますプレゼント
気になる方はコチラ グッド!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です