診断士:2次 事例1を簡単にする方法

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2次試験コンテンツ目次 事例Ⅰテーマ一覧 事例Ⅰでの合格圏内の狙い方


こんにちは。来週は夏休みでワクワクしてます。

勢い系ストイック診断士 @タキプロです。

全5回 にわたって、事例Ⅰの特徴

そして、前回難しさについてお伝えしました。

今回は、『事例Ⅰを簡単にする方法』です。

だまされたと思って読んでみてください。

事例Ⅰを簡単にする方法は、ずばり合格点(60点)を狙わないことです。

狙うのは、点数では無く合格圏内の順位です。

理由は簡単です。

点数を狙うと、点数を取るために、無理な解答を作ったりします。

この、無理な解答は正解する可能性が少ない解答です。

そもそも、根拠も少なく、類推が多い事例Ⅰで、すべての問題を正解する(60点を取る)解答は、なかなかできません。

では、合格圏内を狙うとなぜ簡単になるのでしょうか?

合格圏内を狙うと、高い点数は必要なくなります。だって、合格者もそんなに高い点数取れてないです。

そうすると、難しい問題で無理して勝負する必要もなくなります。

そんなことやってても、合格圏内に入れないのではないか?

そう思われる方も多いと思います。

その方は、イメージの発想を変えてください。

合格圏内を狙うことは、圏内に入るのではなく、出ないことです。

このイメージは重要ですので、明日のブログでも、再度お伝えしたいと思います。

明日の気力の為に、皆さんのぽちっとをください。
今日は、青にしてみました。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

中小企業診断士ランキング

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ 

2次試験コンテンツ目次 事例Ⅰテーマ一覧 事例Ⅰでの合格圏内の狙い方


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です