診断士:2次試験事例Ⅰ 第1問は後回し

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2次試験コンテンツ目次 事例Ⅰテーマ一覧 個別のケーススタディー

受験生のみなさん


こんにちは。


人の痛みのわかる診断士になりたいチャンスゲッター@タキプロです。


事例を解く順番をみなさんは意識していますか?

特に難問ぞろいの事例Ⅰは解答する順番が重要です合格


日本人は小さなころから競争社会。

試験慣れし過ぎているため、どうしても素直に第1問から取り組み

がちです。


でも事例Ⅰの場合、これが落とし穴叫び

第1問は後回しにすべきですドクロ

過去問を解いてみると、第1問はA社のビジネスモデルについて

例年問われていることが分かります。

これだけならパターンで解答できそうですが、問われ方がいやらしいあせる

制約条件が分かりづらいあせる

素直に第1問から解いているとかなりの時間を取られてしまいます。

なので第1問は後回し。

先にメリット・デメリットといった知識問題や、比較的簡単に解答でき

そうな設問から取り組んでくださいニコニコ

そして、第1問を解答する場合の注意点。

第1問は満点を狙ってはいけません。

問いが分かりづらく、制約条件が難しいということは、△(三角)つまり

部分点を取りに行くべきなのですプンプン

いいですか、もう1回繰り返します。

第1問は△を取りに行く戦略で!!

過去問を通して、この第1問のパターン、対応策が見えてくるレベル

が上位20%のレベルです。

チャンゲメソッド④

  第1問は△を狙え!!


にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2次試験コンテンツ目次 事例Ⅰテーマ一覧 個別のケーススタディー

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です