診断士:2次試験事例4 特徴を把握しよう vol.2

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2次試験コンテンツ目次 事例Ⅳテーマ一覧 経営分析

2次試験コンテンツ目次 事例Ⅳテーマ一覧 事例Ⅳ全般

みなさん、こんにちは。事例Ⅳのことを考えると、

昨年の難問を思い出し、切なくなってしまいます。

勢い系ストイック診断士 メラメラ@タキプロです。

本日は、他の事例(事例Ⅰ、事例2 、事例3)と同じように、

事例の特徴を詳しく見てみましょう。(事例Ⅳ昨日の記事はこちら

特徴①経営分析が毎年出る

いうまでもなく、事例Ⅳの第一問は経営分析です。

配点も25点から30点(平成21年は40点!!)と、

2次試験全体に占める割合が高いのが特徴です。

※40点とすると、2次試験の1割は経営分析です。

毎年出ます。

しっかりと対応し、確実に点数を取れるようにして

おきましょう。

勉強方法や得点を安定させる方法については、

又、後日お伝えいたします。

経営分析は、指標を指摘し、その原因、理由、

問題点等を記述させる出題が出されています。

平成16年に改善策を問う問題が出題されました。

近年は、経営分析で問題点を指摘させ、その問題点に

ついて、問2~4にて改善を行うパターンが増えてます。

つまり、指標を検討する際に、個別の計算問題も、

ある程度考慮したほうが良い、ということになります。

尚、改善策については、今後問われる可能性もありま

すので、過去問や問題集でしっかりと練習しておきましょう。

特徴②与件文が他の事例に比べ短い

他の事例は、与件文からすべての解答根拠を探していきますが、

事例Ⅳでは、『ほとんど』経営分析でしか使いません。

ただ、先に述べたとおり、配点の高い経営分析の指標選択、記述

において、与件に記載されている根拠サーチ重要!!になります。

解答する根拠は与件文から探し、財務諸表で確認する、という

一連の流れを大切にしてください。

逆に、与件文を全く無視して、財務諸表の数字から、指標を選んだ

場合、正解すること(得点を安定させること)は難しいです。

だって、数字だけ2で判断できるなら、与件文はいらないですからね。

ということで、事例Ⅳの特徴(経営分析ばかりになりましたが)について、

ご理解は進みましたでしょうか?

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2次試験コンテンツ目次 事例Ⅳテーマ一覧 経営分析

2次試験コンテンツ目次 事例Ⅳテーマ一覧 事例Ⅳ全般

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です