2次解答の3原則(2) 題意を外さない!(破れ障子)

おはようございます
破れ障子@タキプロです

1次を受験しない方は2次対策を順調に進められていますかというわけで、先週に引き続き「2次事例を解く際の3原則を紹介します

(ちなみにこの3原則、メンバー同士で「合格する答案の特徴って何だろう?」と考えた結果ですが、MMCAASなどの受験校で教えている内容にも近いようです。これらの受験校で勉強したタキプロメンバーも多いのですが、複数年学習していて勉強方法を見直そうと思っている人は、受験校の情報収集をするなら今のうちですね

1次試験を受ける方はざっと目を通すだけにして、今の時期は1次の学習に時間を充ててください

タキプロは皆様の応援で支えられています。

ぽちっ応援お願いします 

 

 3つの原則 

  与件に忠実に
  題意を外さず

 ←今回 
  わかりやすく書く

3gensoku
勉強会ではこんな感じ↑で紹介してます。
(左上の気になる情報の詳細は、来週公開予定!


 題意を外さず


「題意」とは、設問が要求している答えを指します。
聞かれたことに答えることって、意外に難しいんですよね。でも、聞かれたことに答えてくれないコンサルタントがいたら、普通の人なら相談したくないと思うはずです。
今回も、最近の勉強会でディスカッションに使った、H21年度 事例Ⅰ(洋菓子・和菓子の事例)を例に挙げながら考えてみましょう


      


要求されていることは何か?

聞かれているポイントは何個あるか?
聞かれ方の違い
(例) 「違いは何か」、「強みには、どのような違いがあると考えられるか」

制約条件は何か?

裏を返すと気付くもの。
(例)「取扱商品に違いはあるものの(・・・)どのような違いが」→取扱商品の違いは書かない
「買収前のA社とF社は・・・」→買収後の強みは書かない

この「設問要求(●)」と「制約条件(○)」の関係を表したものが、下図です。


豚の鼻ではありません(笑)


制約条件から外れないようにしながら、設問要求はしっかり満たす。上図の赤丸()のような解答が、最も高い得点が得られます。

字数もヒント

150字と30字では、盛り込むべき内容も大きく異なります。
(例)「具体的施策」→「A社の強み(原材料、販売力)とF社の強み(技術力)を活かして新商品を販売」だけだと字数が余るから、「具体的」に書く。


          


以上、題意を外さないことの必要性を説明してきました

次回は「わかりやすく書く」ことについて説明します

そして、この原則の習得に最適なのは、やっぱり勉強会でのディスカッション
7月も2次対策の回があるので、ぜひご参加ください

【勉強会スケジュール】

 7/5(木)  新橋   1次 
 7/12(木) 
八丁堀 2次 
 7/19(木)
 新橋   自習・よろず相談
 7/26(木)
     1次&2次

↓  ↓  ↓


====================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。

ぽちっと押して、応援お願いします♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です