[ストレート生] 2次対策も意識して1次を進めましょう

中小企業診断士を目指す皆様、おはようございます。がんちゃん/岩間です。

今日は、初めて1次試験を受験するストレート生の方(※)向けに「2次試験対策も意識して学習すべき」という内容をお伝えします。

※中小企業診断士試験は、1次・2次の2種類に分かれていたり、科目合格制が採られていることから、受験生の受験歴も様々です。試験対策を始めて1次・2次を1度で通過することを狙う方は、通称「ストレート生」と呼ばれています。

 

◆サマリ

  • ストレート生は、ゴールデンウィークまでに、2次試験の過去問を1年分解いておきましょう。
  • ⇒2次試験で何が問われるかを知り、1次試験学習とセットで対策をしましょう。

 

◆2次対策は早めに・・・

2次試験はどのような試験かを知らない方もいると思います。私自身も、初学時の3月はそうでして、1次通過後に2次対策を取れば良いと考えていました。

しかし、1次試験通過後から2次試験までの期間は非常にわずかです(【参考A】に後述)。

そこで、今から少しでも2次試験を意識して学習していきましょう

 

◆ステップ1:GWまでに過去問1年分を解きましょう。

まずは10時間を捻出し、2次試験の1年分の過去問題を解き解説を読みます。(【参考B】に後述)

その後、必要な知識や能力を、自分なりに書き出してみます。(【参考C】に後述)

⇒次の「ステップ2」のインプットにします。

 

◆ステップ2:解いた結果を踏まえ、事例別に対策を取りましょう。

  • 事例Ⅳ(財務・会計)では、2次試験の問題を定期的に解きましょう
  • 事例Ⅰ〜Ⅲ(企業経営理論、運営管理)では、2次に必要な知識を1次のときから強化しましょう

特に、事例Ⅳは、1次とセットで行うことで効果が高い科目です。理由は、事例Ⅳは対策を取れば点を取れるが、対策を怠れば点を取れないという性質があり、2次の合否を分ける重要な科目であることと、1次と2次のそれぞれで求められる能力が近いことです。

 

間もなく4月。人事異動が発表され、異動や昇進・昇級される方もいらっしゃると思います。新年度になり気分も前向きになりやすい時期です。これをチャンスとして、一層学習が進むようお祈りします。

とはいえ、良い変化であったとしても、環境変化は多少のストレスになりますので、無理しないように気をつけ、頑張ってくださいね。

 


 

【参考A:1次試験後に行える2次筆記試験対策の分量】

1次試験後、2次筆記試験までに確保可能な時間は150時間程度です。この150時間のプランの一例です。

  • 過去問5年分を1回ずつ解く (70時間)
  • 模擬試験を1回受験する (15時間)
  • 知識を整理する(30時間)
  • 財務・会計の問題を毎日30分解く(35時間)

※算出の前提は次のとおりです。

  • 1次試験後から2次筆記試験までには、11週間前後あります。
  • 学習時間を、土日は計9時間、平日は毎日平均1時間 とします。(2次試験対策は、1次試験と比べて、細切れ時間を活用しづらいという欠点があります。そのため取れる学習時間や学習効果も少なめになります)
  • 1事例あたりの所要時間を、解答80分+解説確認・答案分析 120分とします。

 

【参考B:過去問1年分を解くための、やることリスト】

過去問1年分を解くために、次の順番に進めていきましょう。

  1. まとまった10時間を捻出します。
    あらかじめ実行日を決めておくと良いでしょう。決められなければGW初日の4/26にしましょう)
  2. 過去問題を入手し、B5両面でプリントアウトします。(中小企業診断協会のウェブサイトから入手可)
  3. 予備校の模範解答を入手します。
  4. 4つの事例をそれぞれ80分で解きます。
  5. 答え合わせをします。

次の点に注意しましょう。

  • 試験場にいるつもりで、必ず80分で解きます。
  • 解いている間は、どのような作業にどれだけ時間を使ったかを、経過時間とともにメモします。(「設問を読む:5分」といった粒度です)
  • 空欄の解答は作らないようにし、さらに解答字数の8割以上を埋めます。(多くの受験生が本番でこのレベルで解答します)
  • 答え合わせでは、予備校の模範解答は参考程度にします。(予備校の模範解答でさえも、予備校によって解答の骨子がバラバラになる設問があるためです)
  • 最新の過去問を使うともったいないと感じる方は、少し過去(平成20年度前後)にするとよいでしょう。
  • 10時間も取れないという方は、2.5時間を捻出し、事例Ⅳのみを80分で解き、事例Ⅰ〜Ⅲは問題を読む程度に留めましょう。

 

【参考C:2次試験に必要な知識・能力】

私自身が考える、2次試験に必要な知識や能力を紹介します。

  • 直接的に求められる力
    • 事例Ⅰ〜Ⅲ
      • 事例企業の文章(「与件」と言います)を読み、自分の知識に基づいて解釈する力
      • 設問で聞かれていることを把握し、与件の記述と、自分の知識とを元に、解答骨子を作る力
      • 解答骨子に基づいて、十分にキーワードの入った文章で、指定字数にまとめる力
    • 事例Ⅳ
      • 財務諸表を読む力
      • 財務諸表と、与件とを照らし、企業の強み・弱み・問題点を記述できる力
      • キャッシュフロー、損益分岐点、投資判断 などの計算をミスなく行える力、計算過程を説明する力
  • 間接的に求められる力
    • 説得力のあるキーワードを入れた文章を作る力
    • テキストの知識を、自分の言葉で説明できる能力
    • 企業の基本情報(事業ドメイン、SWOT、課題)を把握できる力
    • タイムマネジメント力
    • 設問の難易度を把握する力
    • (事例Ⅳ)様々な数値を漏れ無く把握する力

 

タキプロ勉強会のお知らせ


【今後の予定(東京)】

◆日時・場所
・3/30(日) 9:30~12:00    京橋区民館  題材:H25事例3
・4/6  (日) 9:30~12:00  京橋区民館  題材:H25事例4
・4/10(木) 19:00~21:30  京橋区民館  題材:H24事例1
・4/19(土) 9:30~12:00  京橋プラザ区民館  題材:H24事例2
・4/23(水) 19:00~21:30  京橋区民館  題材:H24事例3

◆会費 :500円

お申込みはこちらから

*題材の過去問を解いて、解答のコピーを8部 ご用意ください。
*問題を忘れずに持ってきてください(自分で確認用)。
*お釣りが出ないようにご用意ください。
*一次試験対策も5月以降検討中です。ご要望あればコメントください。
*時間の都合上、全部の設問を扱うことはできません。あらかじめご了承願います。

 

【今後の予定(大阪)

2次試験の問題を基にした設問をこちらで用意しますので、グループメンバーで議論や意見交換を行った上で解答を作成していただき、各グループから発表をしていただきます。初学者の方も受験経験者の方もぜひご参加ください♪

①4月13日(日)10:00~16:00
◆内 容:
10:00~12:30 グループディスカッション(H24年度2次試験事例Ⅰ)
13:30~16:00 グループディスカッション(H24年度2次試験事例Ⅱ)
◆場 所:
梅田阪急オフィスタワービル29F セミナールーム
(大阪府大阪市北区角田町8番1号)
◆参加費:1,000円 ◆定 員:40名
◆持ち物:
・H24年度2次試験問題用紙(事例Ⅰ、事例Ⅱ)
・上記再現答案(作成されている方は併せてご持参ください)

②4月18日(金)19:00~21:30
◆内 容:
グループディスカッション(H25年度2次試験事例Ⅲ)
◆場 所:
グランフロント ナレッジキャピタル7階(大阪市北区大深町3番1号)
◆参加費:1,000円 ◆定 員:20名
◆持ち物:
・H25年度2次試験問題用紙(事例Ⅲ)
・上記再現答案(作成されている方は併せてご持参ください)

お申し込みはこちらから

※参加者の方には、当日の受付について、別途メールにてご連絡差し上げます。万が一前日になっても連絡が来ない際は、お手数ですが、下記までお問合わせください。

お問合先:
k.matsuki.1113(あっと)gmail.com(大阪勉強会担当/松木)

====================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

====================

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です