【1次】模試の解説はしっかり読み込むべし!

こんばんは、もん@タキプロです。
先週は体調絶不調ながら、いろいろと勉強になることが多い週でした。
より良いブログになるよう、活かしていきたいと思っています。

1次試験組の皆さんは模試シーズン真っ只中ですね。
結果はいかがですか~?   

今間違えてもそれはラッキー!
本試験前に模試でその問題に出会えたことに感謝しましょう。

やるべきことは、
間違えた問題やカンで当てた問題は
全ての選択肢の解説をしっかり読み返す。

チェックポイントは、
 自分は知らなかったのか考え違いしたのか読み間違えたのか
 解説がどういう判断基準でその選択肢を○/×としているか

キモは「正解だけでなく全ての選択肢について読む」
ことです。

模試は各学校が必死になって出題を予想した問題です。
だから出題形式や記述表現、正答の選択肢が違っても、
本試験でも似たような要素を使った出題の可能性が高いと考えられます。
その部分について集中的に知識や判断基準を解説してくれているのです。
本試験直前に読むにはもってこいですね。

私は模試では経営法務がボロボロでめちゃ凹みました。
解説を読んでも「解説を読めばそうだと判るけど、解くのはムリ~!」状態でした。
でも何日もかけて3回くらいしっかり読み返したとき、
それまでの単なる丸暗記状態ではなく、
論理的にルール化・整理された判断基準になってくれたんです。
部屋中に物を広げて並べていた状態だったのが、
整理棚にスッキリ整頓された感じ。
この時、本試験の2週間前!
おかげでしっかり60点超えを果たしました。

最終コーナーどん尻からまくりまくって鼻差でゴール!
今からでも充分いけます!

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
 ぽちっと押して、応援お願いします♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です