診断士:1次模試結果活用方法

おはようございます。
外資的感動提供を目指すdoaratです。

今日は「1次模試結果活用方法」についてです。

皆様は模試を受験されましたか?

受験されていない方は勉強仲間からコピーをもらってでも受験してくださいね。
受験専門家である予備校エース講師が、今年度の予想問題を作成してくれたのです。
是非受験してください。

ただし、点数や順位はまったく気にしなくていいです。
Aランクでも落ちますし、Dランクでも合格します。

大事なのは復習すること!!

正解した問題も間違った問題も、解説に穴が開くほど精読されましたでしょうか。
正解した問題もマーク式なので偶然の正解だったり、間違った解釈で正解だった可能性もあります。
他の選択肢がなぜ不正解なのか、自信を持って言えるように解説を熟読しましょう。

間違った問題はその場で解答解説を読んで理解したつもりでいても、時間を置くとまた間違えます。
ドイツの某心理学者の研究によると、記憶は20分後におよそ42%を忘れ、1時間後でおよそ56%、9時間後でおよそ64%を忘れ、その後少しゆるやかになり6日後にはおよそ76%を忘れてしまうそうです。
完璧に覚えたつもりでも、その後復習をしなければ6日後には24%しか残っていないということになります。

必ず復習してください。
記憶定着のコツは何回も解くことです。

本試験まで残り時間はわずかです。
新しい問題に手を出すよりも、洗練された模試を確実に消化し定着化を図ること。

がんばってください!

----------


■ご興味のある方は、ぜひタキプロからのメルマガを読んでみてください!

メルマガ:合格者が伝える中小企業診断士突破のノウハウ


■次回セミナーのご案内

(詳細は以下をクリックしてください)

7月17日セミナー

「合格者が伝える中小企業診断士2次試験突破のノウハウ」


7月タキプロ勉強会情報

■皆様の応援がタキプロの原動力となります。  ぽちっと押して、応援お願いします♪

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ


ありがとうございましたわんわんチューリップ赤

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です