来年に備える2。

こんばんは。月曜夜三日月MR.CBR@タキプロです。
我が家にもサンタがやってきました(笑)。
さて、本日は前回
に引き続き、口述試験結果待ちの方向けに
『来年の準備
について紹介致します。
結果発表は来年の1/6(金)。99%以上合格しますので、来年の
準備をしましょう。前回、実務補習を見据えた計画を検討し
ておくことを紹介致しました。本日はその次にやっておいた
方が良いことを紹介致します。内容は3つ。
①Word&Excelのレベルアップ

②facebookへの登録及び実際に触って見る

③DropBox・SugarSyncなどのオンラインストレージの
 基本
を知る(実際に触ってみるのがモアベター)
そう、どれもIT関連です。
実務補習は限られた時間時計の中で進めるので、本当にジェット
コースターロケットのように進んで
いきます。
その中で成果物となる診断報告書をWordで作成していきます。
私が一番最初に参加した実務補習では、報告書が全部で130
ページを超えました叫び
・時間は限れれている(ジェットコースターのように進んでいく)
・かなりなページ数のWord資料を作成する必要がある
そう、Wordの操作でつまる時間は非常にもったいないのですビックリマーク
次にfacebookとオンラインストレージ(DropBox、SugarSyncなど)。
実務補習は限られた時間の中で、成果を出す必要があります。
故に、始まってからメンバー間で毎日、情報共有・進捗確認を行ないます。
私の時はこれをメールでやっていたのですが、このメールの量が
膨大になり、管理が大変でした…しょぼん
facebookで全てが解決できる訳ではないですが、グループ、
メッセージ、チ
ャット機能などを活用することで、適切なタイミング
での情報共有を行い易くなりますビックリマーク
非常に多機能なfacebookですが、できないことがあります。
それはファイル共有です。実務補習では、担当を決めて
(経営戦略、財務戦略など)報告書を作成していきます。
全体の整合性をとるために、各自が自分以外の報告書にも目を
通す必要があります。その際にオンラインストレージサービスを
利用できると非常に便利なのですビックリマーク
最後に大事なことですが、今回私が紹介したIT技術は、
あくまでも手段であって目的ではない。
ということです。
MR.CBRの考える実務補習の目的は、
・社長の心に響く提案を行うこと

・上記を行うための流れを学ぶこと
だと考えます。
その中で、
・時間が限られている

・メンバーが直接会える日が限られている
などの多くの制約があり、この制約をITを使用することで
軽減する。ITはそのための手段に過ぎないとMR.CBRは
考えます
ビックリマーク
寒いので体調に気を付けろ受験生ビックリマーク
タキプロは燃える受験生メラメラとともにあります!!

========================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。 
ぽちっと押して、応援お願いします♪

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

==========================

えっ!?タキプロってメルマガも?ブログとは一味違う情報配信してますプレゼント 
気になる方はコチラグッド!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です