実務補習 自分の限界を超える15日間

おはようございます
金曜朝担当、破れ障子@タキプロです

今週のお題は、1次・2次試験を合格した先に待ち構える、診断士への最後の関門「実務補習」について。

私は、15日間コース(2月2日~3月12日)を受講しました。最近ようやく受講を終え、登録の手続きも済ませてきました。
こう書くとあっさりしていますが、他のメンバーも書いているように、その道のりは長く厳しいものでした。(仕事、ブログ、勉強会、セミナーの準備、これが全部というのはなかなかハードでした…

この実務補習で得られたことは、3つあります。

 マネジメントの経験と仲間
   異なる背景・強みを持つメンバーと協力する経験は貴重でした!

 自分のアウトプット能力を把握できた
   個人作業の所要時間と、アウトプットの分量から計算すると、自分のアウトプット能力がわかります。さらに、過剰な負荷がかかった時の心理状態を体験できました。これが、自分の限界を知ることにつながり、これから限界を超え、能力を伸ばす意欲につながりました。

 中小企業の戦略の実態
   結局、どの企業もそうですが、強みなんて限られていて、重要な経営課題を解決する方策だって、そんなに多くはない。そんな戦略上の「相場観」を感じることができました。

  

他にも挙げればきりがないですが、いずれをとっても診断士の受験と同等か、それ以上の経験を得ることができました。この中でも、特に読者の皆さんにお伝えしたいのは、

  自分のアウトプット能力を把握できた  についてです。

診断士試験の本番は、タイムマネジメンかなり重要です。(2次は特に)
自分が解答を書き始めてから何分で何文字書けるのか。この予測が甘いと、時間内に解答を書ききれず、せっかく考えた内容が点数に全くつながらない事態に陥ります

私はこの予測が甘く、演習でも必ず1問は真っ白のまま、試験時間の80分を終えていました。そのため、演習では毎回、自分が解答を書き始める前に、「この内容」「この分量」なら「どのくらいの時間」で書き終えられるか、肌感覚をつかむことを重視して臨んでいました。(解決方法の詳細は別の機会に紹介しますね)

この肌感覚は、1次試験でも重要です。特に、企業経営理論財務・会計は時間が足りないことも多く、模試や演習でタイムマネジメントの感覚をつかんでいたことが、本番でも活きました。

これからの時期、各受験校でも模試や演習が多く開催されます。まだ全科目の学習が終わってない、という方も、早めに本試験の時間割で問題を解いてみることをおススメします!
普段の勉強なら頑張って解いている難しい問題も、本試験の時間感覚の中でいかに見極めをつけるか、などの気付きが得られるはずです。

    

さて。いよいよ明日に迫って参りました。
「タキプロ絶対合格セミナーin東京」!!

試験当日のタイムマネジメントの方法、模試の効果的な活用方法など、皆さんが気になっていることを解決できるコンテンツを取り揃えています。

 ・合格者のノウハウをお伝えする「パネルディスカッション」
 ・受験生の皆さんの悩みを合格者が解決しちゃう「よろず相談」
   ・・・などなど。

まだ、定員まで若干の空きがあります!
駆け込みでのご応募は今日中に。お急ぎください!!
申し込みされた方、明日お会いできるのを楽しみにしています♪

◆セミナー(3/24)  詳細 応募
◆勉強会(3/29)  詳細は近日公開! 応募

皆様の応援がタキプロの原動力となります。 ぽちっと押して、応援お願いします♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です