タキプロ的おすすめ書籍「フェイスブック時代のオープン企業戦略」

おはようございます!ふくまにあ@タキプロ九州ですねこへび

今日は診断士2次試験当日です。今まさに受験生のみなさまが闘っている時です。

タキプロメンバーは、ラストメッセージがつまったチラシを胸に会場へと向かいました!

受験生のみなさまが悔いなき闘いができるよう、タキプロ一同、心より応援しています!!

では、今週のおすすめ書籍をご紹介しましょう「フェイスブック時代のオープン企業戦略 シャーリーン・リー」です。

フェイスブック時代のオープン企業戦略/シャーリーン・リー
¥2,520
Amazon.co.jp

ふくまにあ、最近必要に迫られて、フェイスブック関連本をたくさん読むことになりました。

その多くは広告や集客について書かれており、企業の戦略について書いてあるものは少ないようです。

この本の原題は「オープン・リーダーシップ」で、

「相手をコントロールすることを手放すと同時に相手から献身と責任感を引き出すリーダーシップのあり方」

を提言しています。

企業はSNSの波によって、情報をオープンにする(せざるをえない)状態になっています。

今まで企業から一方的に情報を与えてコントロールしていたことがもはや不可能です。

リーダーシップは企業の手から離れています得意げ

では、企業はどう対処すればいいのか。

企業はオープン戦略をとらざるをえず、文字通り、情報をオープンにするために全社をあげての体制をとることになります。

また、本気でないオープン戦略はSNSの時代ではすぐに見抜かれ、逆効果になりますよね。

この本はガイドラインにもなっているので、オープン戦略やるぞ!と決心した企業に最適です。

未だに「インターネットは怖い叫び」などと言っている上司にも読ませたい一冊ですアメーバ

==========================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪


==========================

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です