直前3週間を悔いなく過ごすために/ぶーすか

おはようございます。タキプロブログ班のぶーすかでーす。

いよいよ迫ってきましたね。1次試験。
ちょうど1年前の3連休。私は行きがかり上、家族旅行で伊豆に「連行」されましたが、私だけ3日間、現地にあるイオン系スーパー「マックスバリュ」のイートインコーナーで朝から夜まで過去問をひたすら解いておりました。忌まわしい・・・・・じゃなくて、懐かしい思い出です。

さて今回は残り3週間の過ごし方について、前々回を補足する形で門外不出の㊙テクニックを伝授いたします。何らかの参考になれば幸いです。

本番から逆算して科目別にやるべきことを徹底的に絞る

私は過去問と専門学校の模試問題を潰すだけで手一杯でしたが、科目別にスケジュール表を作って、やるべきこととかけられる時間を詰めていきました。自分で決めたことをやり切ったので、試験当日は「ここまでやったのだから仕方ない」といい意味で開き直れました。

試験当日の時間の使い方をあらかじめ決めておく

たとえば、お昼休み。わざわざ外に出て食べに行きますか?行きませんよね?
休憩時間は「最後の悪あがき」をするための貴重なインプットの場です。昼食もそうですが、直前10分で読み返せる資料(ファイナルペーパー)を必ず準備して下さい。
そして脳が疲れたかな?と感じたら、10分間「昼寝」することを強くオススメします。

そして・・・2次へのモチベーション高めるために「ふぞろい10年データブック」フライング買いして机の前に飾る

先日、書店に行きましたら、2次試験対策の必読本「ふぞろいな合格答案」のエッセンスを10年分凝縮したデータブックが売られていました。1年前、1次をクリアした私は、すでに絶版となっている過去の版をヤフオクとメルカリを駆使して購入したことを思い出しました。こういうのが欲しかったんです。

おそらく2次受験者の必携書となる可能性が高い。だとすれば、今年は1次クリア無理かも・・・・という人も、欠品になる前にフライングで買ってしまって、机の前にドーンと飾ることをお勧めします。
2次試験へのモチベーションを掻き立てる効果が期待できるかも

以上、悔いのない準備をして1次試験を突破してください。
そしてタキプロ「2次対策セミナー」でお会いしましょう。

明日は、ブログ班のエース、いかさんの登場です。

========================

【勉強会・セミナーの詳細、お申込みはこちらのページから】

【メルマガの過去記事はこちらのページから】

【メルマガの購読はこちらのページから】

========================

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

↓下のボタンを押して、読んだよ! と合図していただけると、とっても嬉しいです。(診断士関連ブログの人気ランキングサイトが表示されます)

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です