「すぎっち式 今こそ実務補習に備えて分析・助言能力高めたい~世の中は事例であふれている!~」

みなさんおはようございます。金曜朝の担当“すぎっち”@タキプロ6期生です。

 

早いもので2次筆記試験の合格発表まで残り2週間。そろそろ採点が終わっている頃でしょうか。モラトリアムもあと少しですね。

 

今回は「すぎっち式 今こそ実務補習に備えて分析・助言能力高めたい」についてお話します。

2次筆記試験に合格し、口述試験を突破すると実務補習(実務従事もあり)が待っています。この実務補習、1クール5日間で提言までするというハードなものであり、ヒアリング、分析、提案という形で流れていきます。この中で、もっとも重要なのは最初のヒアリングです。このヒアリングまでにいかに多様な仮説出しを行えるかで、その後が変わってきます。この社長へのヒアリングは、なんと初日に行われます。ドラクエでいうと、仲間ができた瞬間にいきなりラスボス戦みたいなイメージです。それなりの仮説出しをしておかなければ、有意義な提案が厳しくなります。なんと、この初日のヒアリング後には基本ヒアリングはできません。聞いておかなければいけないことを聞き逃すと、ち~んって感じになります。

みなさん、仮説出しはトクイでしょうか? おそらくニガテだという方が多いと思います。

でも、実はコレ、普段から鍛えられます。なぜか? 世の中は事例にあふれているからです。もっと言えば、世の中は課題であふれているからです!

ではどうするか。感じた課題や問題点から、その背後にある真因の仮説を出してみる練習をするコトです。

「すぎっち式 今こそ実務補習に備えて分析・助言能力高めたい」をワンセンテンスで言うと、

世の中の課題を見つけ、真因の仮説出しをする!

というコトなります。

 

例えば、吉野家のストアオペレーションの場合。最近、牛丼店でも高齢の方が働いている割合が増えてきているように感じます。そういった店舗では、注文から着丼まで時間がかかる印象です。では、なぜ時間がかかるのでしょうか? それに対し、若い人よりも早く動けないから?という仮説が立てられます。その場合の対応策として、高齢者の方も使いやすい什器類に刷新する!という案が考えられます。こいうった具合で、いろいろ考えてみると、スピードがあがります。

普段できること以上のことはいきなりできません。普段から鍛えておくのが重要です (^^)

 

最後に、ふぞろいな合格答案ではふぞろい9に向けて再現答案を募集中です。再現答案提出者のみなさんへの特典もあります。ぜひ、ご協力をよろしくお願いします(^^)

https://goo.gl/J607Lv

 

また来週金曜日に!

 

========================
【口述セミナー in 名古屋】

日時  2015年12月12日(土) 13:30~16:30
場所  瑞穂生涯学習センター
内容  ガイダンス、模擬面接
定員  15名
参加費 無料
詳細お申し込みはこちら
========================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

========================

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です