「2次試験の難しさって何だろう?~ゴールのが見えないと狙いが定まらない!~」

みなさんおはようございます。金曜朝の担当“すぎっち”@タキプロ6期生です。

 

2次筆記試験の合格発表まであと1週間。来週の今日には通過できたかどうかが、わかり新たなスタートとなりますね。来週の金曜日以降は新たなスタートなるので、今回は2次試験について考えてみたいと思います。

 

そもそも、2次試験は難しい試験なのでしょうか? FACTで言えば、だいたい20~25%の合格率になっています。これを難しいととるか、簡単ととるかは人によって異なる部分だと思います。ただ、どんなに試験問題が難しくても、20~25%の人は合格する試験です。

 

すぎっち的には、2次試験は難しいと思います。試験の性質としての難しさがあると思っています。いわゆる、高校受験、大学受験や簿記検定試験などは、絶対解が出るスコープで問題を設定しているので、必ず唯一無二の解答が存在します。ある半径の級の体積は誰が求めても同じになるように。今までの成長過程の中で、こういった絶対解が求められる中で育ち、そういう試験ばかり受けて評価されてきたため、自然と絶対解が2次試験にもあると思って解いていませんか? 同時に、ほかの人よりも少しでも点を取りたいと思っていませんか? 2次試験は実際の生きた企業の経営に対する分析・助言の問題であり、唯一無二の絶対解がない(※事例4の計算は除く)、もっと言うと、この案もあるけど、あっち案も捨てがたい的な感じになります。つまり、大雑把に言うと、何でも書けてしまいます。また、協会も模範解答を発表しないので、ゴールも明確にはわからない。

 

2次試験の難しさをワンセンテンスでいうと、

明確な的が見えない中で、矢を放つようなもの

でしょうか。

 

厳しい試験ですね。実際の生きている企業の分析・助言をするということを考えると、当然なのかもしれません。

合格には、ゴールを把握し、みんなが向かう方向に自分も向かう必要があります。そのために、合格者の再現答案を分析して、おぼろげながらもゴールを把握する必要があります。その上で、ほかの受験生と同じ方向に向かい、頭一個分くらい抜け出すイメージでしょうか。このさじ加減も難しい要因かもしれません。

 

今回は2次試験の難しさについての雑感をお伝えしました。来週はいよいよ、合格発表ですね。では、また来週金曜日に。

 

最後に、ふぞろいな合格答案ではふぞろい9に向けて再現答案を募集中です。再現答案提出者のみなさんへの特典もあります。ぜひ、ご協力をよろしくお願いします(^^)

https://goo.gl/J607Lv

========================
口述セミナー in 東京
日時  12月13日(日)10時~12時
場所  中央区佃区民館
参加申し込みはこちら

日時  12月13日(日)14時~16時
場所  中央区佃区民館
参加申し込みはこちら

日時  12月16日(日)19時~21時
場所  中央区新富区民館
参加申し込みはこちら

定員  各回20名程度
内容  口述試験ガイダンス、模擬面接
参加費 無料

12月11日(金)午前10時から受付開始
========================
口述セミナー in 名古屋

日時  2015年12月12日(土) 13:30~16:30
場所  瑞穂生涯学習センター
内容  ガイダンス、模擬面接
定員  15名
参加費 無料
詳細お申し込みはこちら
========================  
タキプロ 実務補習セミナー in 東京のご案内
日時  1月9日(土)14時~16時半
場所  人形町区民館
参加申し込みはこちら

日時  1月15日(金)19時~21時
場所  人形町区民館
参加申し込みはこちら

 内容  診断士登録までの流れ、実務補習の概要等
参加費 無料
12月11日(金)午前10時から受付開始
========================

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

========================

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です