診断士2次試験事例Ⅳ(財務)に関する記事の見出し

2次試験コンテンツ目次事例Ⅳテーマ一覧>事例の特徴


事例Ⅳ(財務・会計)

事例Ⅳ全般について

(事例の特徴)

■事例Ⅳの特徴(全体)

 事例Ⅳを苦手とするかたへ


■経営分析は毎年出題されています。

 でるのが分かっているならば、対策をとりましょう。


■個別の計算問題の指示が曖昧、CVPについて

 配点は高いのに点数が取りにくい理由


■限定的な論点が繰り返し出題されています。

 得点するためには、説明できるレベルの理解が必要です。


■個別問題と経営分析の関連性

 近頃の出題は連動しているケースが多いですね。


■計算問題は1次の知識で解けます。

 1次合格レベルであれば充分対応可能です。でも。。


■財務でも情報、法務の問題がでます。

 1次試験の知識がこんなところで試されるとは。。。


■経営分析の根拠は問題文中にある

 問題文がわざわざ付いているわけですから、そこにヒントがあります。


■財務諸表が出題されます

 B/S、P/L、C/R、CFは完璧にマスターしておきましょう。 


■他の事例と比べ知識問題の比率が高い

 知識力が点数を分ける可能性が高い事例です。

経営分析

■経営分析イメージ記憶法

  流動比率、当座比率、自己資本比率、固定長期適合比率

(安全性)
■流動比率の記述法

  経営分析の記述で得点を取るための基本業

■当座比率の記述法

  安全性の代表格当座比率の記述術

(収益性)

■売上高総利益率

 経営分析の記述で迷われている方、是非お読みください。

■売上高営業利益率

 私が試験の時に使っていたロジカル記述術です。

■売上高経常利益率

 ちょっとしたコツですが、役に立つと思います。

■個別問題と経営分析の関連性

 近頃の出題は連動しているケースが多いですね。


■1次と2次の経営分析の違い

 違いから見える学習方法もお伝えします。


■経営分析の指標で迷ったときの対応

 思考のループを抑え、タイムマネージメントするための方法です。


■経営分析記述力向上(応用編)

 経営分析の記述でちょっとした工夫をお伝えします。


電卓術

■メモリー機能と定数計算機能

  電卓の使用方法を熟知するだけで財務力はアップします。


■電卓の選び方

 電卓にもたくさんの種類があります。あなたと最も相性の良い電卓を探してください。


■電卓力向上トレーニング

 どこでも気軽に行える、電卓の操作力を鍛えるトレーニングをご紹介します。

ノート術
■ケアレスミスノート

 私の恥ずかしいケアレスミスノートです。




得点術・学習方法

■難しいとすぐに分かる問題への対応策

 財務の試験ではタイムマネージメントも重要なスキルのひとつです。

 

■設問要求が曖昧な問題

 平成21年の第4問を参考にご説明します。

■解き方が分からない問題への対対応策

 本試験で解き方が分からない問題に出会ったときの対処法です。

■事例Ⅳの得点を安定させる王道

 弱みの克服が財務の得点を安定させます。


■初見の問題対策

 初見の問題を演習等で解き間違えた後の対応について


■事例Ⅳ+他の科目の学習方法

 2次試験は同じ事例でも別科目のようなものです。

■習うより慣れ

 財務の力は習うよりも慣れです。繰り返すこと、覚えることで力がつきます。


■2次を見据えた勉強法

 簡単な問題を落とさない癖をつけましょう。


■継続こそ力なり

 財務力向上は1日にしてならず。時間がかかります。


■1次の過去問で2次に出る論点を復習する。

 1次の問題をただ闇雲にやっても力は付きません。


■限定的な論点が繰り返し出題されています。

 得点するためには、説明できるレベルの理解が必要です。


難しい問題を見分けることの重要性について

■財務の嗅覚

 財務で必要なのは、問題の質をかぎ分ける能力です。


■難しい問題を見分けるトレーニング

 財務の難しさを分解し個別に解説します。


■電卓使用術(基本編)

 基本をしっかりとおさえると、底力がついてきます。

■経営分析の根拠は問題文中にある

 問題文がわざわざ付いているわけですから、そこにヒントがあります。

■経営分析は毎年出題されています。

 でるのが分かっているならば、対策をとりましょう。

(経営分析のコツ)



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です