事例Ⅰ攻略 いましょー

おはようございます。タキプロ10期のいましょーです。

自己紹介はこちら
前回の記事はこちら

2次試験まで一ヶ月ちょっとになりましたが、試験対策は進んでいますか?
今回は、事例Ⅰの試験対策について解説します。

1.事例Ⅰで、やってはいけないこと

事例Ⅰで50点以下になる原因は、事例Ⅱマーケティングの視点で解答することです。事例Ⅰは、組織(人事を含む)を中心とした経営戦略及び管理に関する事例です。基本的に、組織(人事を含む)の視点で解答する必要があります。しかーし、問題に集中すると忘れちゃうんですよね。私の対策は、設問の上部に「組織・人事で解答」と試験冒頭に赤書していました。

2.基本的な知識を身につける

組織、人事の基本知識を身につけないと勝負になりません。
バーナードの組織3要件
①共通目標
②貢献意欲
③コミュニケーション

組織管理原則
①専門化の原則
②命令一元化の原則
③管理の幅の原則
④権限責任一致の原則
⑤権限移譲の原則

人材に関しては、
①衛生要因
②動機づけ

人材その他
③配置
④採用
上記は、丸暗記する必要があります。

3.与件、設問を重視

基本的な知識を与件に無理やり当てはめても得点にはなりません。あくまで、与件、設問重視です。例えば、「バーナードの組織3要件から切り口3つでいこう!」は、危険な考えです。与件、設問重視で、受験生の大部分が書きそうな内容を記載しましょう!!

最近、様々な事業所さんの事業計画書を作成します。そこで必要とされるのは、その事業者さんが直面している課題や地域の課題を解決してあげることです。教科書にのっている知識はあくまで手段です。一般論は、だれも評価しません。診断士の2次試験も同様です。その事業所にあった解答が求められています。

4.難問に時間をかけない!!

難しい問題に時間をとられ、平易な問題をさらっと流してはダメです。平易な問題を、時間をかけて解答しましょう。

毎日暑いですね。ご自愛ください。

明日は、okpさんです。お楽しみに!!

【勉強会・セミナーの詳細、お申込みはこちらのページから】

【メルマガの購読はこちらのページから】

========================

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

↓下のボタンを押して、読んだよ! と合図していただけると、とっても嬉しいです。(診断士関連ブログの人気ランキングサイトが表示されます)

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

Follow me!

事例Ⅰ攻略 いましょー” に対して 2 件のコメントがあります

  1. 杉本 より:

    お体ご自愛ください
    って使い方間違ってますよ

    1. ユーザタキプロ より:

      ご指摘ありがとうございます。訂正いたしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です