元ガテン系診断士「かず」の青色的考察①


皆様の応援がタキプロ365日更新の原動力となります。
まずは、ぽちっと押して、応援お願いします♪


皆さんこんにちは。

タキプロ8期、ブログ担当の「かず」です。

1年間、よろしくお願いします。

 

今回は初回ということで、自己紹介を中心にお送りしますね。

 

まずタイトルの「元ガテン系」「青色」ってとこですが、

私のサラリーマン生活、約16年のうち、いわゆるガテン系業務な時間が

12年ほどありました。

 

診断士、コンサルって仕事で想像するイメージってどんな感じでしょう?

まぁ色々あると思いますが、正直、私のように、工事現場で監督してたような人って少ないのでは?と思ってます。

そういう、診断士業界、コンサル業界と直接的に関係のない仕事をしながら、実はちょっと診断士に興味ある人っていると思うんですよね。

 

そんなニッチ領域の診断士受験生がやる気になる、もしくはその領域で学んだことがすさまじく役に立ってるって事例も紹介しながら、

他のブログ担当とは違う視点でお話しできればと思います。

 

まず、私のプロフィールですが、

・社会人1~2年目:建設業(電気工事業)で経理担当、決算業務を2回ほど経験

・社会人3~4年目:ちょっとしたきっかけで、いきなり経理から工事現場へ。協力会社の職人の手元をしながら超OJT

・社会人5~7年目:現場監督としてやっと会社利益に貢献。

・社会人8~12年目:今の会社(不動産管理)に転職。違った業界ながら、要は現場監理の仕事を継続

・社会人13~15年:社内の品質統括系業務に携わる

・現在:事業企画系業務に携わる

って感じです。

 

後半はちょっとコンサル系ですが、10年超はいわゆるガテン系です。

 

実はこのガテン系経験が、私のこれからの診断士人生に

大きな影響を与えるのでは?(それだけ貴重?)と思ってます。

 

このブログを読んでる方にはそういう業界の方は少ないかもしれませんが、あえてそのニッチを狙って情報発信をしつつ、

工事現場を少し知るものとして、より具体的にお伝えできればと思います。

 

今回はとりあえずここまで。

 

次回からは具体的に診断士の勉強とどう関係したのか、何が役に立ったのか、その辺をお伝えしたいと思います。

 

明日は「独学で科目合格を積み重ねたこつこつタイプ」ゆっきーさんです。

お楽しみに!

 

 

※タキプロ勉強会@東京の平日の部には、基本参加しています。

何かご質問などある方は勉強会の場でもお待ちしてます!

 

【勉強会・セミナーの詳細、お申込みはこちらのページから】

【メルマガ毎週金曜日配信中、購読申し込みはこちらのページから】 

========================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

========================

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です