日曜日は名古屋の日!試験当日に向けて

いよいよ1次試験直前になりましたね!

泣いても笑っても試験日はあっという間に訪れます。それまで、悔いだけはないよう学習しましょう。

私は、「落ちたら自分の努力が足りなかっただけ。仕方ない」と考えていました。落ちることは悔しいですよね。でも、仕方ないと思えるかどうかはそれまでの自分自身の行動によってくるものと思います。

ああしておけば。こうしておけば。

とだけは思いたくないですよね。

1次試験直前期は、苦手分野の復習よりも頻出問題を中心に復習することが重要です。頻出問題を確実に得点し、少し応用した問題を拾っていくことで合格点は確実にとれます。科目によって多少ばらつきが生じるかとは思いますが、40点以上であれば60点以下の科目があっても大丈夫です。60点を超える科目もあるはずです。ニッチな苦手分野に時間をとられすぎることなく復習しましょう。

試験当日、試験の進め方は人それぞれとは思いますが、わからない問題で悩んで時間を使うのはやめましょう。一度飛ばして最後に時間が余れば考えてもいいですし、時間がなくても勘でとりあえずマークしておけば4問に1問は当たるはずですから、時間をとられて簡単な問題を落とす方がはるかにハイリスクです。

私自信、昨年の財務で第10問までまともにわかったのが1問しかなくマークシートが埋まらなかったときは大変焦りました。というよりも、頭の中が真っ白になりました(笑)

ですが、最後まで先に解いていくことで後半はとりやすい問題が多かったために心に少し余裕がうまれ、前半の問題に戻って数問は落ち着いて解き正解することができました。もちろん、わからなかった問題は勘でマークしましたが運良くやはり何問かは正解することができ無事60点を超えることができたのを覚えています。とにかく落ち着いてわかる問題をとる。このことが重要だなと自分自身実感したものです。

それでは当日、試験が終わったときの解放感を楽しみにがんばりましょう!

====================

タキプロ勉強会のお知らせ

タキプロでは各地域で勉強会を開催中。

詳細は勉強会お知らせ(東京)まで
地域をクリックするとジャンプします。

====================

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

====================

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です