あおきの統計学入門その1 #10

こんにちは!タキプロ6期生のあおき@大分です。

さて、7月上旬になり一次試験まで

残すところ約1ヶ月になりました。

1ヶ月前の過ごし方に関しては他の方が

大変優良な記事を書いて下さっているので、

私は敢えて統計学に関して書きたいと思います。

 

毎年、診断士1次試験の中では、

経営情報システムの最後2~3問に

統計に関する問題が出題されています。

ここで出題される問題は非常に難易度が高く、

苦手とする受験生の方も多いのではないでしょうか。

しかし、是非統計に対するイメージを悪くせず、

ここでは統計とちょっぴり向き合って欲しいと思います。

そこで、今回から何回かに亘り、

統計に興味を持って頂ける記事を書こうと思います。

出来る限り簡単な内容で書きますので気楽に読んで下さい。

 

さて、今回は「統計」に関しての簡単な説明です。

様々な書籍やインターネットで統計に関して概念的な

説明がされていますがどれも専門用語が多く頭がクラクラします。

私個人的な統計に関しての考えは、ただ一言、

「数字に意味を持たす分析手法」だと思っています。

 

例えば、3-1組のA君は身長が165cmでした。

一方、B君は身長160cm、C君は身長155cmでした。

3-1組にはこの三人しか生徒が居ないとすると、

3-1組においてA君の身長はどのように評価されるでしょうか。

この時、皆さんは「身長は高い方じゃない?」と思ったと思います。

もちろんその評価は間違っていません。

ただ、その評価をするのにどんな思考をしていますか。

人によっては、

「だって一番身長が高いじゃん」と思った人もいるでしょう。

「大体160cmが真ん中だから高い方だ」と思った人もいるでしょう。

実は、これ全てが統計的思考になります。

皆さんは無意識に統計を使い、

A君の身長165cmに意味を持たせていました。

 

そう考えると、すこーしだけ「統計」に対して

ハードルが下がったと思いませんか?

次回は、統計に使われる代表的な指標値を紹介します!

====================

タキプロ勉強会のお知らせ

タキプロでは各地域で勉強会を開催中。

詳細は勉強会お知らせ(東京)まで
地域をクリックするとジャンプします。

====================

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

====================

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です