「すぎっち式1次対策のコツ~残り2週間の合格戦略~」今こそ最後の得点プランニングを!

みなさんおはようございます。金曜朝の担当“すぎっち”@タキプロ6期生です。

 

東京では梅雨が明け猛暑日が続きましたが、体調崩されたりしていませんか? 1次試験当日も暑さが予想されるので、暑さ・寒さ対策を今から考えておきたいですね。1次試験まで、残り約2週間。やれることも絞られてきた頃でしょう。残り2週間のプランニングが1次試験の合否を決めると思います。週末にぜひ、最後の見直しをオススメします。

 

今回は、「すぎっち式1次対策のコツ~残り2週間の合格戦略~」についてご紹介します。

 

前回、夏休みが取れる方は1次試験前こそ、夏休みを活用するのが効果的だとお伝えしました。その時期に夏休みを取るのは難しいという方も多いと思いますので、そういう方こそ、残り2週間の合格戦略を徹底的にプランニングする必要があると思っています。

 

すぎっち式の残り2週間の合格戦略のコツをワンワードで言うと、

得点プランニングベースの最適配分!

というコトなります。

 

これまですぎっちは、弱点科目と得点上乗せ科目に分け、直前追いこみ科目は力を入れて対策しましょう!とお話させていただきました。その上での1カ月の過ごし方のコツは、①弱点科目は最初の2週間で3回転、②直近2週間は直前追いこみ科目を3回転、の2つという高回転率勉強法をお伝えしました。このスケジューリング通りであれば、直前追い込み科目対策に専念ということになります。順調な方はそのまま進めていただければと思います。そうではない方は、次のプランニングが起死回生の1つになると思います。

 

【残り2週間の合格戦略のコツ】

・40点死守科目と得点上乗せ科目の対策に絞る!

 

残り2週間で追い込みをかける場合、7科目を均等に底上げする時間もありません。そこで、採る戦略は選択と集中になります。つまり、40点死守科目と得点上乗せ科目の対策に絞る!コトです。2STEPで6割突破を目指しましょう!

 

①40点死守科目と得点上乗せ科目にわける!

まず、40点を死守するニガテ科目とニガテ科目をカバーする得点上乗せ科目、そして60点死守科目の3つに分けます。ここでのコツは、40点を死守するニガテ科目とニガテ科目をカバーする得点上乗せ科目に多くを振り分けないようにすることです。均等に配分することにより対策実行の精度向上と6割突破の可能性を高められるよう選択してください。

 

②2週間を分割してプランニング!

最初の週の平日に、40点を死守するニガテ科目の対策を徹底して行いましょう。ここで大体のめどをつけられるようにしておきたいです。次に、週末から木曜日まで得点上乗せ科目を対策しましょう。先に選んだニガテ科目のカバーできるように徹底して対策を行いましょう。併せて全体の得点プランニングも意識おくことが大切です。法務、情報、中小などの直前追いこみ科目を時間が許すだけ回転させて、カバー科目に仕上げるのがコツです。

 

残り2週間合格戦略いかがでしたでしょうか。最後の最後は粘りです。

では、また来週。

====================

タキプロ勉強会のお知らせ

タキプロでは各地域で勉強会を開催中。

詳細は勉強会お知らせ(東京)まで
地域をクリックするとジャンプします。

====================

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

====================

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です