ラストスパートに向けて / Kappa


皆様の応援がタキプロ365日更新の原動力となります。
まずは、ぽちっと押して、応援お願いします♪

 皆さん今晩は。Kappa@タキプロ関西8期です。Kappaのプロフィールについてはこちら、前回の記事はこちらをご覧いただければと思います。気がつけばもう6月も後半、一次本試験まで後6週間。一教科あたりに直すと、もう一週間もないんですよね・・・。昨年のこの時期、Kappaはかなり追い詰められていた筈。それを確かめに去年のブログのコメントを覗いてみることにしました。

 今日最初に紹介するのは、Kappaが去年、大変お世話になった二人の魔女の中の一人、「かおりん」さんに向けたコメントです。かおりんさんは、思考パターンや勉強法が Kappaとは似ても似つかぬ古典的努力家です。コメントの百字制限を考えた気っぷの良い大らかな毒舌家でもあります。さらに、あのニッセイのおばさん的な人懐っこさと、水棲的な魅力に溢れる風貌は、すぐに心が折れそうになるKappaにとって、大きな精神的支えでもあったのです。

 最後に紹介するのは、 Kappaと同年代の苦労人、2次の神様に嫌われた分だけ(6回目で合格)、1次の神様の寵愛を受けた(全科目3回受験→3回合格)、「1次の魔神」こと(A)さんのブログです。一次必勝法をつづったブログ(こちら)は、皆さんに役立つかもしれません。

 以下は Kappaがかおりんブログに宛てたコメントです(【】内は、かおりんブログの抜粋です)。

【そろそろ勉強に疲れてきたな~と思うとき、ありますよね。何というか、脳がすべてを拒否する…あの感覚。】(かおりんブログより)。すごく共感しました。ありますよね、この感覚・・・。でも、Kappaは一日何もしなかったぐらいでは、かおりんさんみたいに「勉強しなくて大丈夫だろうか」等という殊勝な考えは全く浮かばない気がします。
・問題は、Kappaのやる気の浮袋には小さい穴がたくさん開いていること。明日の風は明日吹く。でも、今週の風は少し強いから、少々抜けたぐらいは余裕でカバー出来ます (^o^)。明日も、明後日も、明明後日も、弥明後日も、11月までずっとずっといい風が吹きますように!

 フム、予想通りです。ブログにコメントすることで、ともすれば抜けそうになる気力を必死に立て直そうとしていますね。

・ストレート生でトレーニング3回に過去問2回、講義と答練の予習復習なんて当ったり前だのクラッカー、だなんて、まさしくKappaの上に広がる暗雲の、はるか上空を駈ける天馬みたいじゃないですか。
・かおりんさん、やる気あり余っていたのですね・・・。それは確かに男勝りの行動力だし、有無を言わせぬものいいに、酒好きの硬派。誰が見たって・・・。おまけに普段は、海を隔てた蛙の合唱が響き渡る地で、煌々と天空に輝く満月の下、ライトも点けずに畦道のど真ん中をママチャリで疾駆しているわけでしょう!? 「あの痩身のいったいどこにそんなパワーが?」って、世間知らずのKappaじゃなくても思うに決まっています!! 願わくば、煌々たる満月の夜に、その不可思議パワーがKappaにも流れ込み、長すぎる直前期の燃料切れへの効果を露わにしてくれますように! 

 これはちょっといただけませんね。パワー溢れるかおりん女史にあやかろうとして、神頼みの領域に足を踏み入れようとしています(^-^;

【毎日「あれも、これもやらなきゃ」という焦燥感と格闘しながら、もちろんすべてできるはずもなく、「よし、土日それぞれ10時間勉強して挽回しよう!」と心に決めるも、その土日でも思うようには進まず、「来週こそは頑張ろう」と決意する日々】(かおりんブログより)
 ブログの内容、身につまされます。かおりんさんでもそうだったんですね?! これからも、8月の(2次試験向け)セミナーに笑顔で参加できるよう、静かに、熱く燃え続けます。我が予備校にもたくさんのファンを抱えるかおりんさんは、多くの受験生の心の支えです!
【1分1秒を砂金のように扱って頑張って下さいね☆】(Kappaコメントへの回答より)ずいぶん素敵な表現ですね♪ このフレーズ、愛用させていただきます。人と話すときに、そして何より自戒のために! 

 さすがです! 見事にKappaのやる気を引き出しています。こういうブログが書けると良いのですが・・・。

 長すぎる直前期(某予備校では、GW以降を直前期と位置づけています)、ここをどう乗り切るかで、本試験の点数は大きく変わります。勿論、去年の Kappaだってそんなことは百も承知で、それでも、気が乗らな=集中出来な=勉強が進まな かったのです。その結果、Kappaは1次試験本番で、地獄を見ることになります・・・

 この時点で、「あと6週間しかない」、ではなく、「あと6週間も勉強しないといけない」感じてしまっているあなた、Kappaと同じです! かなり危険な状況にあると思って下さい。そういう考えを持っていては、試験の神様の恩寵など到底期待できません。 Kappaには幸いにも、試験前の1週間、有給休暇を取って勉強に専念できる環境がありました。それでも結果は合格点+2点。まさしく薄氷の勝利です。

  でも、ご存じですか? 世の中には、神様に愛され、一次の設問の選択肢を2択までに絞り込めれば、7~8割がたは正解に持ち込める人もいるのです(Kappaは、作問者の罠にかかるのが得意で、2択の正解率は4割を切っていましたがっ(^-^;)。 この差、とんでもなく大きいと思いませんか? 一次試験の神様に愛された(A)さんは、神様に愛される「コツ」を、こうまとめています。
 第1条 試験問題に誠実に取り組む(自分で考え、回答してから答えを見る)
 第2条 時間を有効に使う(人待ちの5分に問題を解くなんてのは、当たり前)
 第3条 情報を大切にする(情報を得る一番の方法は、自分から発信すること)

 そう、長すぎる直前期、などと感じていた時点で、既に Kappaは地獄の一丁目にいたのです。まさに、板子一枚下は地獄、知らぬが仏って奴ですね。それが薄々分かっていても、気力を維持できないあなたまずは自分の置かれた状況を直視しましょう。それでも、気力が湧いて来ないあなた、試験直前に一週間の有給休暇の取得をお勧めします(^-^;。それも出来ない方、確率の神様にお祈りしてみましょう・・・。

さて、明日は日曜日。個性的なブログで読者を魅了する名古屋メンバーからのお届けです。お楽しみに!

 

【勉強会・セミナーの詳細、お申込みはこちらのページから】

【メルマガの過去記事はこちらのページから】 

【メルマガの購読はこちらのページから】

========================

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です