ストレート生は1次に集中しよう!

タキプロ絶対合格 2次多年度生向けセミナー

6月15日(土)13:30~16:30 (懇親会17:00~)

お申込はこちら


タキプロ出張勉強会@町田

日時:6月23日(日)9:30~12:00
場所:まちだ中央公民館 8階 学習室5
(町田109建物内の部屋となります。)
お申込みはこちらから


おはようございます!先日Zガンダムのブルーレイを流し見していたら、ナレーターの小杉十郎太さんが次回予告でタイトルを言いまつがえていてちょっと得した気分になったつっちー@タキプロです。

つっちーはタキプロ以外にも勉強会に参加していましたが、その勉強会の合格者にmixiのメールでこんな質問をしていたのを思い出しました。(ちなみに送信日時は2012年の5月末です。)

「ストレート合格を狙っていて、1次については模試の結果や過去問の取組状況からほぼ合格の見通しがつきました。この時期は1次と2次の勉強時間の配分はどのように考えたらいいでしょうか?

この時、つっちーとしては「もう十分だと感じているなら2次の比率を増やしてみては?」という答えを予想していましたが、合格者の方からの返信は「1次を100%にするまで1次の比率を高いまま保ったほうがいい」でした。当時は随分と意外に感じたものですが、今となってはそのアドバイスがあってよかったと本当に思います

その方のアドバイスの理由としては、「2次もそうだが、1次も毎年科目ごとに極端に難化したり、逆に簡単になったりと波乱があるので、もしそういった大波に巻き込まれて足切り(40点未満をとってしまうこと)や得点源にしたい科目で思ったように高得点が取れないこともあるから。ここで気を抜いてしくじったらとっても悔しい」ということでした。

敢えて2次の勉強をするなら、習得に時間がかかる意思決定会計の練習(これは1次とのシナジー効果も高い論点ですね!)や、1日15分とか時間を決めて春秋要約に取り組んで文章力をつけるなどの大幅に1次の勉強時間に影響しないもの、かつ2次の基礎力強化に貢献するものを選んで集中して取り組むべきです。

ストレート生は受験情報や経験が少ないため、どうしても未知の2次試験に対して強い恐れを抱いて、「どこまでやったらいいのかわからない!今からガッツリやらなきゃダメなんじゃないか?」と闇雲に2次の教材に手を出してしまいがちです。不安な気持ちは去年を思い返してつっちーも共感出来ます。

ですが、それでもやはりスト生は1次に集中すべきです。つっちーの周りのストレート合格者を見ても、2次に着手したのは1次が終わってからという人が多く、1次の勉強時間が他の(ストレート合格者でない合格者)よりも充実していたというのが印象的でした。タキプロ4期生も8月に絶対合格セミナーを行い、1次合格から2次までの過ごし方をお伝えしますが、1次合格⇒2次本試験までの2カ月余りをやり方を間違えず有効に活用すれば合格の可能性は十分にありますしかしその前の1次で躓いてたら2次のスタートラインに立てないわけです。

きっちりきっちり、一歩ずつ前に進む。不安と闘いながらまずは1次をクリアしましょう!

最後はタキプロ勉強会のご案内です。


タキプロ勉強会のお知らせ

【今後の予定(東京)】

・6/20(木) 19時~21時半 八丁堀区民館 題材:H21事例2&1次対策(経済学)

*2次試験対策では、すべての設問を議論の対象とすることは時間の都合上できません。なるべく受験生の希望を反映するため、参加申し込み時にディスカッションをしたい問題をご記載いただければと思います。
また、題材の事例について事前に解答を作成し、5部程度コピーをお持ちください。
*1次試験対策は各回ごとに対象科目のよろず相談会を実施します。分からない項目や問題などを中心に進めます。可能であればお申込み時に分からない項目をご記載ください。

お申込みはこちらから

勝手ながら各回とも開催日前日の0時に申込みを締め切らせていただきます。
〆切後に参加を希望される方はメールにてお問い合わせください。
お問い合わせ先:takipro2010(あっと じーめいる どっと こむ)

====================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

====================

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です