プレッシャーに打ち勝つために Part.1

こんばんは!隔週で月曜の夜ブログを担当しているイッコーです!

1次試験まで、残り約1カ月となりました。
昨年のこの時期、「このままで試験に合格できるのだろうか」という不安に苛まれ、焦る気持ちとは裏腹に、勉強に集中し切れなかったことを思い出します。

受験生の皆様にも、「本番で緊張してしまい、問題文が頭に入ってこない」だとか、「いつもならすぐに解けるはずの問題が解けず、さらに焦る」という経験をされた方がいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、今回からは、「プレッシャーのかかる本番で、いかにいつも通りのパフォーマンスをするか」について書いてみたいと思います。

今週のテーマ:「本番で平常心をキープする方法~香りの活用編~」

①お香の活用

普段、自宅でお香を焚く方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?
男性の比率が高い診断士試験受験生においては、少数派かもしれないですね。

実は私、昨年のこの時期、初めてお香を使いました。
四六時中、直前に迫った1次試験のことが頭から離れず、心のゆとりを取り戻す必要性を感じたためです。

当時、私がチョイスした香りは「ローズマリー」です。
ローズマリーの香りには、精神的疲労を回復する効果や、集中力・記憶力を高める効果があるそうです。

同様の効果を持つ香りには、「ペパーミント」もあります。

②直前期の使い方

一日の勉強が終わった後、お香を焚きます。
ベッドに横になり、お香の香りを楽しみながら目を閉じます。
そのときに重要なことは、決してネガティブなことを考えないことです。

 試験本番で自分が100%集中して問題を解き進める姿
 合格して、中小企業診断士として活躍する自分の姿

など、将来の自分の輝かしい姿をイメージしながら、全身の力をすぅーっと抜いていきます。
とにかく、リラックス&ポジティブな精神状態を全身で感じるようにしてみてください。

私の場合、これを毎日続けていく中で、「ローズマリーの香り」を嗅ぐだけで、「リラックス&ポジティブな気持ち」を取り戻すことができるようになりました。

③本番での使い方

1次試験当日は、自分の精神状態に着目してみてください。
ほどよいリラックス状態をキープできているのか、緊張しすぎている状態なのか。

もし、緊張や不安が度を超えていて、このままではいつも通りのパフォーマンスができないと感じた時には、いつも使っているお香の香りを嗅いでみてください。

高ぶった精神が、スッと落ち着くきっかけになります。

特に初日は財務や経済学といった計算系科目があり、緊張が高まりすぎると焦って解けなくなるため、注意が必要です。
ぜひ、お香の力を借りながらいつも通りの実力を存分に発揮してください。

今回は以上です!
泣いても笑っても残り1カ月。1日1日を大切に過ごしていきましょう!

タキプロ勉強会のお知らせ


【今後の予定(東京)】

◆日時・場所
・7/10 (木) 19:30~21:45 京橋区民館                                                       題材:H24<1次>財務・会計 
・7/23 (水) 19:30~21:45 八丁堀区民館  題材:H22事例Ⅰ
・7/27 (日)  9:30~11:45 京橋区民館 題材:H22事例Ⅱ

◆会費 :500円

お申込みはこちらから

*お釣りが出ないようにご用意ください。

==1次試験対策の勉強会参加にあたって==
*可能であれば題材の過去問を解き、解答プロセスを説明できるよう
ご準備ください。
*解答はご自身分がお手元にあれば良いです。
*過去問解説書の使用などはご自由にお使いください。
*問題を忘れずにご持参ください(自分で確認用)。

==2次試験対策の勉強会参加にあたって== 
*題材の過去問を解いて、解答のコピーを8部 ご用意ください。
*問題を忘れずに持ってきてください(自分で確認用)。
*時間の都合上、全部の設問を扱うことはできません。
あらかじめご了承願います。

 

====================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

====================

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です