[1次] 今から間に合うファイナルノート作成・運用術

中小企業診断士を目指す皆様、おはようございます。がんちゃん/岩間です。

出題分野が幅広い診断士試験では、「試験直前に確認するか」が得点を左右します。私の周囲でも、試験会場で確認した箇所が出題されたという声を聞きます。

「試験直前に確認すべきことがら」をまとめたオリジナルノート、通称ファイナルノートを作る方もいらっしゃると思います。

今日は、私の経験を元に、今からファイナルノートをどう準備すべきかをお伝えします。

 

◆サマリ

  • 普段使っているテキストを、ファイナルノートにしましょう。
    • 付箋蛍光ペンを活用します。
    • 重要度別に色分けします。
    • これからの学習で、随時、付箋とマークを貼り替えていきます。
    • 短時間で作れるため、今からでも間に合います

 

◆ノートにまとめ直すことのメリット・デメリット

一般に「ファイナルノート」といえば、ノートに一からまとめて作る方が多いと思います。
このメリットは、

  • 確認事項を一箇所に集約化することで、短時間で確認できるようになる
  • ノート作成によって、記憶定着化が進む

です。

一方で、ノート作成に時間を要するというデメリットもあります。
特に暗記系の科目ではまとめるべき論点が多くなり、分量が多くなりがちです。結果的に、時間的な制約から、要点を厳選せざるを得ず、薄い内容になってしまう可能性もあります。
(⇒今からノートにまとめ直すのは、時間的に難しいかもしれません)

 

◆今から作るなら、普段使っているテキストをファイナルノートにしましょう

そこで、今から作るのであれば、「まとめ直す」のではなく、普段使っているテキストをファイナルノートにすることをお勧めします。
さっそく作り方をご紹介します。

テキストで確認したい箇所に、付箋を貼り蛍光ペンでマークします

☆ポイント1:重要度別に色分けします。

⇒効果:確認する時に、持ち時間に応じて範囲を絞れます
(例えば、試験会場で5分しか取れなければ「高重要度のみ」を確認し、30分取れるなら「高重要度〜低重要度すべて」を確認することができます)

重要度 付箋の色 蛍光ペンの色  
黄色

↑薄い色ほど低重要度

↓濃い色ほど高重要度

黄色 オレンジ色
オレンジ色 ピンク色

☆ポイント2:消せる蛍光ペンを使います。

⇒効果:学習が進むのに合わせて重要度ランクを随時変更できます

☆イメージ

ご参考までに、私が実際に使っていた「経営法務」のテキストです。(本の横と上に付箋が貼ってありますが、横が1年目、上が2年目のものです)

実例

◆作成・運用方法

このファイナルノートをどのように作成し、運用していくかをご紹介します。

  1. 【作成】(数時間)
    • 必要な科目について、付箋貼り+蛍光ペン色塗りを行います。後々ブラッシュアップしていくことを踏まえ、精度は荒くて構いません1科目 30〜1時間程度を目安にします)
    • ※付箋・蛍光ペンのお勧め商品は後述します。
  2. 【改善】(作成後〜試験前日)
    • テキストを参照するたびに、必要に応じて付箋の貼り替え・マークの塗り替えを行います。
      • できなかった箇所は、重要度ランクを上げる(濃い色に変える)ようにします
      • 反対に、できるようになった箇所は、重要度ランクを下げ、付箋とマークを消します
    • 時々、テキストの付箋箇所のみを読み返します。ここでも必要に応じて付箋の貼り替え・マークの塗り替えを行います。
  3. 【活用】(試験前日・試験当日)
    • 前日は、全ての付箋の箇所に目を通します。
    • 当日は、持ち時間に合わせて、高い重要度の箇所を優先的に、確認します。

 

◆効果

シンプルな方法ですが、次のようなメリットがあります。

  • 時間をかけないで作成できる(1科目1時間程度)
    (テキストを活用するため)
  • 今後の学習状況に応じて追加・削除・重要度変更が容易
    (付箋と蛍光ペンを使うため)
  • 当日、持ち時間に合わせて、重要な論点から確認することができる
    (重要度に応じた色分けをするため)

将来的にも次のようなメリットがあります。

  • (診断士として実務を行うときや、別の資格試験を受験するときなど)将来テキストを再度開く必要があるときに、自分の苦手だったポイントがひと目で分かる

一方でデメリットは、当日、テキストを持参する必要があることです。(とはいえ、高々4冊であり許容範囲内ではないでしょうか。)

 

◆(参考)お勧めの付箋・蛍光ペン

ご参考に、付箋と蛍光ペンのお勧めをご紹介します。
(私が診断士試験勉強中ずっと使っていたものです)

※価格・リンク等は2014年7月8日現在のものです。

 


 

受験票が届いたら、ぜひ写真撮影だけは早めに済ませておくことをお勧めします。次の記事もご参考にしていただければ幸いです。(準備事項・持ち物のチェックリストがあります

残り1ヶ月となりましたが、「ポジティブに」かつ「焦らないように」心がけてくださいね。

私が落ち込みそうなときにやっていたのは、「学習し始めたときの心情を思い出すこと」です。
・・・初めて財務諸表を見たときに、「何だこれ?」と思ったこと、企業経営理論のテキストで「経営者はこう考えるのか〜」と発見したこと、店舗管理のテキストで「近くのコンビニと同じだ!」とワクワクしたこと・・・
それを思い浮かべてみると、当初からずいぶんと成長したと実感できると思います。

 

以上、がんちゃん/岩間でした。 

 

タキプロ勉強会のお知らせ


【今後の予定(東京)】

◆日時・場所
・7/10 (木) 19:30~21:45 京橋区民館                                                       題材:H24<1次>財務・会計 
・7/23 (水) 19:30~21:45 八丁堀区民館  題材:H22事例Ⅰ
・7/27 (日)  9:30~11:45 京橋区民館 題材:H22事例Ⅱ

◆会費 :500円

お申込みはこちらから

*お釣りが出ないようにご用意ください。

==1次試験対策の勉強会参加にあたって==
*可能であれば題材の過去問を解き、解答プロセスを説明できるよう
ご準備ください。
*解答はご自身分がお手元にあれば良いです。
*過去問解説書の使用などはご自由にお使いください。
*問題を忘れずにご持参ください(自分で確認用)。

==2次試験対策の勉強会参加にあたって== 
*題材の過去問を解いて、解答のコピーを8部 ご用意ください。
*問題を忘れずに持ってきてください(自分で確認用)。
*時間の都合上、全部の設問を扱うことはできません。
あらかじめご了承願います。

 

====================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

====================

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です