標準原価計算と予算実績差異分析

こんばんは。ごとりん@たきぷろ6期です。大寒のみぎりではありますが,皆さん勉強に仕事に頑張られていることと思います。さて今日は標準原価計算と売上高の予算実績差異分析についてです。

財務会計の初学者の方は,最初は標準原価計算の差異分析と売上高の予算実績差異分析とを混濁されることが多いようですが,これはしっかり分けて理解しましょう。標準原価計算は,主に大量見込生産をおこなう製造業に用いられる原価管理の手法です。科学的・統計的に材料の標準消費数量や標準単価をあらかじめ算定しておいて,実際の原価と比較検討して次期以降の原価管理に役立てます。逆にいうと大量生産をおこなう製造業には適用しやすい手法ですが,サービス業や商品売買業には適用されない手法です。

 まず標準原価計算の過去問題について確認してみましょう。平成25年の第10問です。

平成25年度第10問

 標準原価計算を実施しているA社の当月に関する以下のデータに基づき,材料数量差異として最も適切なものを,下記の解答群から選べ。なお,材料は工程の始点で投入される。

直接材料費の原価標準データ

300円/㎏×3㎏=900円

当月の生産関連データ

 当月材料消費高 3,100kg 材料消費価格 310円/㎏

月初仕掛品 200単位

当月完成品 900単位

月末仕掛品 300単位

 

 実際の試験では,この問題を数分で解かなくてはなりません。ただ過去問題を研究するときは,いろいろ深く問題文を読み込んでおきましょう。まず「当月の生産関連データ」から当月投入量を算定します。これは,今月生産した製品の数量を算定するためです。

生産ボックスの図

当月投入量は1,000単位なので,それでは目標とするべき原価(標準原価)はどれだけだったのかを,以下のような図を書いて求めます。

標準原価計算の図

 この図の考え方は,あくまでも事前に科学的・統計的に算定された標準原価と実際原価を比較して,標準原価よりも多額の原価の発生は「不利差異」,標準原価よりも少額の原価の発生は「有利差異」とするものです。この考え方からして,伝統工芸品を生産する企業や,ホスピタリティを売り物にする企業には標準原価計算を導入するのは難しいことがわかります。正解は図にも示しましたが,数量差異は¥30,000の不利差異(価格差異は¥31,000の不利差異)となります。

 これだけだと,割と話は簡単に進むのですが,中小企業診断士の一次試験には,売上高の予算実績差異分析も出題されます。こちらは,製造業でなくても予算制度さえ確立されていれば,商品売買業でも導入は可能です。製造工程ではなく,販売部門を主に管理する手法ですが,この論点も実際の過去問題を検討してみましょう。

平成27年度第8問

販売予算が以下のとおり編成されていたとする。いま,第2四半期(Q2)の実際販売量が1,100個,販売価格が99,000円であったとする。数量差異と価格差異の組み合わせとして,最も適切なものを解答群から選べ。

平成27年度第8問の表

 売上高の予算実績差異分析の場合には,標準原価計算とは用いる図が異なります。問題文にすでに「販売予算が」とありますので,ここをしっかり読み込んでいれば,間違えることはないはずですが,ここでもう一度確認しておきましょう。ここでは以下の図を書きます。

売上高の予算実績差異分析の図

この問題はいろいろと「ひっかけ」が多く,たとえば金額の単位も「円単位」で表記されている部分もあれば,「万円単位」で表記されている部分もあります。また,あえて「数量差異と価格差異」としているのも,下書用紙に書く図を混乱させる意味合いが強いと思います。

この図を書いて金額を計算すれば,販売価格差異は110万円の不利差異,販売数量差異は1,000万円の不利差異ということがわかります。予算価格と実際価格とで順番を最初は間違えるかもしれませんが,こうした図では原点から外側に向って数値や金額を差し引きます。売上高の予算実績差異分析において,売上高は収益項目ですから,標準原価計算とは異なり実際価格と実際数量(実際販売数量)が内側にきて,実際の販売価格や販売数量が予算を上回ったときに有利差異になるようにこの図は工夫されています(逆に予算原価と実際原価の順番が売上高と異なるのは,予算原価から実際原価を差し引いたときにプラスになれば有利差異になるように工夫されているということです)。

この問題は,最初から売上高の予算実績差異分析であることが読み取れれば,瞬時に図を書き,金額をあてはめていば,確実に得点できる問題ともいえます。なかなか短い時間で幅広い問題を解くのはしんどいものですが図をあらかじめ用意しておくと対策はたてやすくなります。平成13年度以降,意外に標準原価計算と売上高の予算実績差異分析がアトランダムに出題されているのですが,平成28年度の試験対策にもぜひとも活用してくださいね。

========================
タキプロセミナー in 大阪
診断士1年目!どうする?何をする?

診断士1年目の活動についての疑問や質問に
タキプロメンバーがお答えします!

日時: 2016年1月30日(土)14:30~
場所: マイドームおおさか8F 第5会議室
詳細・参加申し込みはこちら
========================

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

========================

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です