診断士になって何が変化する?視座・視野・視点 byトリまき

みなさん、こんにちは。
タキプロ名古屋のトリまきです。(過去記事はコチラ)

12月11日(金)の筆記試験合格発表まで1週間を切りましたね。
筆記試験の自己採点は難しく予め合否が分からないため、不安な日々をお過ごしのことと思います。

口述試験の合格率は例年95%以上のため、
今回の合格発表が皆さんにとって人生の分岐点と感じているのではないでしょうか。
診断士に合格したら……と、思いを巡らすこともあるかと思います。
今日は診断士を取得したら何が変わるのか、私なりの考えをお話したいと思います。

すぐに生活が劇的に変わるわけではない

中小企業診断士受験をする際、友人に資格取得の勉強をしていることを伝えたことがあります。
その際に友人から言われた言葉が印象に残ってます。

「中小企業診断士を取得して、何ができるようになるの?」

中小企業診断士を取得したら、何ができるようになるのでしょうか?
みなさんご存じの通り、
中小企業診断士は会計士や弁護士、税理士などの他の国家資格のように独占業務が無く、
明確に中小企業診断士資格を持っているからできることはないですもんね。
独占業務が無いのであれば中小企業診断士を取得する意味は、
国家資格を取得することができるレベルの中小企業経営に関する知識を持っている人
という証明のためなのでしょうか。
なんだか寂しいですね。

でもやっぱり、所属している会社にも依るとは思いますが、
基本的に資格を取得しただけでは仕事内容が劇的に変わることもないですし、
資格取得した直後に急激に生活が変わることはないでしょう。
資格取得に向けた勉強から解放されることはありますが(笑)

では、資格を取得して何が変わるのでしょうか。

視座・視野・視点

少し話がそれます。
みなさん、視座・視野・視点の違いをご存じでしょうか。
視座」は、見る高さのこと、
視野」は、見える範囲のこと、
視点」は、見るポイントのこと

を指します。

もう少し詳しく説明すると…
視座は、事象を見るときにどのような立場・役割で見るかで変わります。
事象は不変ですが、見る人によって変わります。
視野は、持っている視座から眺められる事象の範囲のこと。視座が低いと視野は狭くなります。
視点とは、事実をみるときに注目する点のことです。

この3つの関係を図解してみました。

視座が上がり、視野が広がる

中小企業診断士を取得してもすぐさまに生活は何も変わらないでしょう。
しかし、診断士を取得する過程で、じっくりと、勉強した知識の分視座が上がり、
そして、視座が上がった分、事象に対する視野が確実に広がっています

この思考の変化が、中小企業診断士を取得して大きく変わることだと私は考えています。

思考が変われば行動が変わる。行動が変われば人生が変わる。」と言いますが、
“視座が上がるから、現状の仕事では物足りなくなり、
次のステップに挑戦(転職or独立)して、生活が一変する”
というのが、中小企業診断士を取得することによる一連の変化ではないでしょうか。

視点を鍛えるのが課題

ただ、視座を変え視野を広げても、
何に注目すべきかが分からないと問題を正しく認識できない という問題があります。
注目点を間違えている状態を「視点が鈍い」と言ったりもしますが、
視点の鋭さは視座の高さに依存するものではないため、別途鍛えることが必要です。

視座を上げ、視野を広げ、視点を多くもつ

中小企業経営の課題解決の専門家として、経営レベルの視座と視野を持つことができること、
独占業務が無いからこそ、発想を自由にしてIT・組織・会計・販売・製造から事業承継やM&Aまで
様々な分野で視点を磨き活躍できるのが、中小企業診断士なのだと考えています。

中小企業診断士を取得して、何ができるようになるの?」

今だったら、こう答えます。

「中小企業診断士は何でもできるんだよ!」

これはあくまで私個人の考えですので、他の考え方はもちろんあると思いますが、
どなたかのご参考になればと思い、記事にさせて頂きました。
みなさまの試験合格及びコンサルタントとしてのご活躍を心より応援しています。

次回は、タキプロ関東の「風太」さんです。お楽しみに!

========================
【受験生お疲れ様会、口述セミナー等のイベント詳細、お申込みはこちらのページから】
========================

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

↓下のボタンを押して、読んだよ! と合図していただけると、とっても嬉しいです。(診断士関連ブログの人気ランキングサイトが表示されます)

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です