事例Ⅰは「ドメイン」と「時制」を意識してみるby団長

読者の皆さん、こんにちは!
タキプロ12期、自称「スーパー多年度生」団長です。
今回が2回目のブログになります。どうぞよろしくお願いいたします。
私の自己紹介はこちら

今回も私の失敗談を紹介させていただきます。

■事例Ⅰの失敗談(その1)~なんとなく解いても50点取れた!で安心~

今回は事例Ⅰのお話しです。
はじめに私の事例Ⅰ・受験経歴を紹介します。

H26:B(得点不明)→H27:B(54点)→H29:B(59点)→H30:A(68点)→R01:B(56点)→R02:A(60点)合格

安定してB答案が取れています(汗)。
ちなみに、H30の68点はたまたまです。
翌年度R01でB答案に戻ったのが何よりの証拠(苦笑)
いまだになぜA答案だったのか謎なままです。

特に初めの頃は、一次の企業経営理論の復習と過去問をサラッと流す程度で、これといった対策をしていませんでした。
良く、「二次試験は国語の問題、与件から必要な箇所を抜き出せば大丈夫」とか、
事例Ⅰは試験1発目でみんな緊張してるから、50点取れば十分」とか言われますが、
私の事例Ⅰ対策も、まさにそんな状態でした。

事例Ⅰで足りない分は、得意の事例Ⅳで挽回すればいいや
この甘い考えが、そもそもの失敗の原因。
おかげで二次試験を6回も受けるハメになりました

■事例Ⅰの失敗談(その2)~提案系の問題に大苦戦~

二次試験の設問は大きく、分析系(SWOT分析や問題・課題の抽出)と、
提案系(対策や戦略の提示)の2つに分かれます。

これは事例Ⅰ~事例Ⅲで共通ですが、私はとにかく提案系の問題が苦手でした。
いつも論点がズレていたり、曖昧だったりして、模範解答のような答案に辿り着けなかったのです。
特に事例Ⅰは今後の経営戦略に関する提案が中心でテーマも広く、何を提案すれば良いかもわかっていない状態でした。

なので、答案も行き当たりばったり。
他の設問との関連や、全体としての統一感など考える余裕もなく、
出題の意図からもかけ離れた、いわゆる「大事故」が頻発していました。

■ではどうすれば?~ドメインと時制を抑えてスッキリ解決!~

きっかけは昨年春、とある模試の解説動画での先生の一言でした。
事例Ⅰは、事業ドメインの変遷(過去~現在~未来)を抑えるとスッキリ整理できる。

事業ドメイン
一次の企業経営理論で勉強した、基本中の基本ですね。
・誰に:ターゲット顧客
・何を:満たされるべき顧客ニーズ
・どのように:自社の技術、独自能力
この3要素が、事例企業にとって、過去~現在~未来でどのように変化してきたか
整理することで、おのずと事例企業の経営戦略の方向性が見えてくると言うのです。

良く経営戦略をカーナビに例えることがありますが、まさにその通り。
経営目標(目的地)に辿り着くためには、これまでの経緯(経路)と、
今の立ち位置(現在地)を正確に把握することが何より重要というヤツです。

実際やってみると、目からウロコでした。
この観点と、SWOT分析を掛け合わせて整理することで
・集中すべきターゲット顧客や、事業はどこか
・今後活用すべき経営資源や得意分野、市場機会は何か
・既存事業を拡大すべきか、新規事業を開発すべきか

などなど、今後の経営戦略の方向性が自然と見えてくるようになりました

もともと得意だった分析力を活用して、「ドメイン」「時制」を軸に整理することで、
提案問題を攻略することができたのです。

■おわりに

いかがでしたでしょうか?
これは私の経験談ですが、「二次試験は事例Ⅳで得点を稼いで、他の事例の足りない分をカバーする
最近は、このセオリーが通用しなくなっているように感じます。

つまり、各事例とも平均してA答案(合格点)をとることが、合格の近道だということです。
事例Ⅰも例外ではありません。A答案をとる攻略法は必ずあります。

私の失敗談が、事例Ⅰが苦手な受験生の皆さんの一助になれば幸いです。

次回はまこやまさんの登場です。
お楽しみに!

============================================
【タキプロでは勉強会・セミナーを随時開催しています】
* WEB勉強会
中小企業診断士試験合格を目指す受験生のためのオンライン勉強会(Zoom・facebook)を随時開催しております。
時間や場所にとらわれずに自由闊達な議論ができる環境をご用意し、一人でも多くの合格者を輩出することを目指しています。
勉強会詳細やスケジュールはこちらをご覧ください。

* セミナー
「勉強法・学習計画に悩んでいる」「勉強仲間が欲しい」などの悩みを解消すべく、セミナーを随時開催しております。
タキプロメンバーによる自身の経歴を交えたプレゼン、タキプロメンバーや他受験生と意見交換ができるよろず相談会、
さらには任意参加の懇親会など、様々なコンテンツをご用意してお待ちしております。
セミナー詳細やスケジュールはこちらをご覧ください。
=============================================

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
↓下のボタンを押して、読んだよ! と合図していただけると、とっても嬉しいです。(診断士関連ブログの人気ランキングサイトが表示されます)

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

にほんブログ村

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です