今年の1次試験へ向けて

おはようございます。零細企業内診断士 おぎ です。

新年を迎え、多くの方は、本年の1次試験へ向けて学習を加速されている事と思います。そんな皆様へ、私のほうで受験時に心がけていたことをお伝えしたいと思います。

 

まずはお伝えしたいこと

今の時代、色々な勉強ノウハウ情報が入ってきて、それらを完璧にやらなければ合格できないと思ってしまう事もあるかと思います。
でも、安心してください、完璧じゃなくても大丈夫です。      6割正解で受かる試験です。

私の場合、仕事と家庭(子育て)と勉強を両立させる事が前提で、
勉強に割ける時間が多くはなかったので、割り切ってやらない事を決めて突き進みました

■おぎがやらなかった事(やれなかった事)

1、勉強会に参加(勉強仲間をつくる)
=>参加したかったけど、出来ませんでした。参加したほうが色々な気づきがあるし、勉強仲間を作りたかったですが、周りに受験勉強している人いないし。。あきらめました              

ただ参加すると、合格後の人脈という意味でのメリットも大きいと思います。時間が許すのであれば、3月以降に開始するタキプロ勉強会のご参加をお待ちしております!

2、サブノート(自分用まとめノート)作成
=>人によりけりですが、これまでの人生でノートを作って満足してしまった経験がある人や、完璧主義だと思ってしまう人は、
サブノートづくりが目的になってしまわないように注意しましょう。
私は、市販テキストにふせんを貼って、そこを見ることで「まとめ」としました。

3、合格体験記を熱心に読む
=>「人は人、自分は自分」そう思える人は合格体験記を読むと色々気づきがあるのでいいと思いますが、
私は、「他の人はすごいなあ。自分にはそんな風に勉強できない。ああもうだめだ。勉強やめよう」と自動モチベーションだだ下げ人間なので、ほとんど読みませんでした。

4、5年~10年分の過去問を勉強する
=>時間的に無理でした。過去問をやったほうが点が伸びる科目(運営管理)とそうでもない科目(経済学や中小企業政策)があると思います。特に中小企業政策は過去問よりも最新の政策変更点のチェックと白書(今年は分厚いですね。。)を勉強するほうが効果があると思います。

上記は、やったほうがいい事としてあげられる内容だと思います。
それができるに越したことはありませんが、
それをしなくても合格している方はたくさんいらっしゃるので、   どうか完璧を目指さないで勉強を続けましょう。

上記とは逆に・・・・

■おぎが、みなさんに絶対にやってほしいこと!!!

「最後まで勉強して試験を受ける」

これがどれだけ、大変なことか。                 仕事との両立、家族の病気や子育てなどの外部要因はもとより、   7科目という膨大な量の1次試験、模範回答が公開されない2次試験、高い受験料(それはどうでもよい)、先が見えない状況で、モチベーションが下がりフェードアウトという方も多いかと思います。というか、かなりの数の方が、試験勉強を始めても、試験日まで辿り着くことができないんじゃないかと思います。試験を受けなければ合格できません。

なので、まずは、

「最後まで勉強して試験を受ける」

これを達成するだけで十分すごい事だという気持ちで行きましょう!

 

========================
実務補習セミナー in 東京
日時  1月15日(金)19時~21時
場所  人形町区民館
参加申し込みはこちら
========================
タキプロセミナー in 大阪
診断士1年目!どうする?何をする?

診断士1年目の活動についての疑問や質問に
タキプロメンバーがお答えします!

日時: 2016年1月30日(土)14:30~
場所: マイドームおおさか8F 第5会議室
詳細・参加申し込みはこちら
========================

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

========================

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です