高得点が狙える!経済学・経済政策 byもつ

経済学・経済政策

読者のみなさん、こんにちは。タキプロ14期のもつと申します。

本日は、「経済学・経済政策」です。

はい、1次試験の最初の試験科目ですね。 ここから始まる長い試験。緊張しつつ、一番気合を入れて臨む科目でしょう。

私は理系でこれまで経済学とは全くの無縁でしたが、この経済学・経済政策は勉強方法がうまくはまり、92点を獲得できました。

うまく勉強することができれば、未経験かつ独学でも高得点が狙える科目だと思います

タキプロ 2024年1次試験直前相談会! ↓概要、申込みはコチラから↓

■やるべきことは、過去問

ではこの科目を攻略するためにやるべきことは何か。

地味ですが、私は過去問を徹底的にやることをお勧めしたいと思います。

私は過去問を繰り返し解くことで、実力が徐々についていく実感が得られたことを覚えています。

しかし、過去問は二度と出ない問題ですよね?それをやることに意味があるんでしょうか?
そう思った方もいらっしゃるかも知れません。

でも、この科目は、何度も同じような問題が繰り返しでる科目なんです

■覚えるより、まず理解する

もちろん、過去の問題が何も変わらずそのまま再度出題される、なんてことはありません。

数字が変わったり、組み合わされたり、グラフが変わったりしますし、選択肢の組み合わせも色々変わりますね。

しかし、この科目は、一度解き方の本質的な意味を理解してしまうと、多少問題が変わったとしても、まるで同じ問題を解くように解けてしまうんです。 そう、この科目の攻略法は、覚えるより、まずは理解することが超重要です

■腑に落ちるまで、考えるべし

この科目は、グラフの攻略が成功の鍵です

暗記しようとするのではなく、グラフをじっくり眺め、なぜそのような曲線や直線になっているのか、じっくり考えましょう。

これは決して楽な作業ではありません。

X軸が右や左に動くたびに、なぜY軸の数値がそのように変化するのか、じっくり考えましょう。

コツは、やや極端なケースを想定することです。この作業は、グラフを見慣れている理系の方が得意かも知れませんね。

そうこうして、じっくり考えていると、ふと、ストンと腑に落ちる瞬間があります。

そうなればしめたもの。もうそのグラフが出てきたときは、大抵の問題は解くことができるでしょう。 とにかく、腑に落ちる瞬間まで頑張って考えましょう。

■正解を探すのと、不正解を探すのと、両面から攻める

一次試験はマークシートですので、一つの設問に、正解の選択肢と不正解の選択肢があります。

一発で正解がわかれば良いのですが、正解の選択肢に自信が持てない場合には、不正解の選択肢から、正解を絞り込むこともできます。

グラフの問題は、前述のとおり極端な値を考えることで、不正解の選択肢を特定することもできたりします。

例えば、X軸にゼロや無限大を入れてみて、Y軸の値がどうなるかを考えてみると、ありえない選択肢を排除できたりします。

そのように、正解がすぐにわからない場合には、不正解を探すことも同時にやってみましょう

その練習をするうえでも、過去問はとても優れています。

一方、市販の問題集は不正解の選択肢の質が低く、不正解の特定の練習にはイマイチな印象を持っていました。 私が過去問をお勧めするのは、そのような背景もあります。

■おわりに

私は、この中小企業診断士試験をきっかけとして、経済学・経済政策を学ぶことができ、とても良かったと思っています。

経済学は、我々の生活に深くかかわっているもの。この試験を受けなければ、全く知らずに過ごしてしまうところでした。

ニュースを見たり、新聞を読んだりする際に、あっ、経済学で学んだやつだなとか思い出すことが時々あり、ちょっと嬉しくなったりしますよ。

ぜひ、楽しみながら取り組んでみてください。

ご覧いただきありがとうございました!

次回はやっすんさんの登場です。
お楽しみに!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
↓下のボタンを押して、読んだよ! と合図していただけると、とっても嬉しいです。
(診断士関連ブログの人気ランキングサイトが表示されます[クリックしても個人は特定されません])

にほんブログ村

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

タキプロ中小企業診断士 WEB勉強会の参加申請はこちら↓

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です