繰り返しがミソ byびんちょま


読者の皆様、初めまして!
タキプロ12期のびんちょまと申します。
今回の初投稿では自身の受験遍歴を共有させていただきます。
拙筆ではございますが、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

■はじめに

簡単に自己紹介をさせていただきます!

年代/性別:20代/女性
職種   :製造業 経理
保有資格 :簿記2級
受験歴  :1次1回(R2)、2次1回(R2)
勉強時間 :1次(平日)1時間/日(休日)6〜8時間/日、
      2次(平日)2時間/日(休日)6〜8時間/日
勉強方法 :1次 独学、2次 独学

簿記2級を保有していたことは「財務・会計」で役立ちましたし、
大学が法学部だったため「経営法務」も抵抗なく勉強を進めておりました。
一方、バリバリの文系のため、「経営情報システム」は理解というより暗記で乗り切ったという感じです。

■受験遍歴

私の場合、1次試験勉強開始から口述試験終了までちょうど1年です。
1年間のスケジュールと意識したことをざっくりと記載いたします。

1次試験
2019年12月 企業経営理論、財務会計
2020年1月 経済学、運営管理
2020年2月 経営情報システム、経営法務
2020年3月 中小企業経営・政策
2020年4月〜7月 1週間ごとに科目を変え、テキストの復習&問題集を解く

12月〜3月で一通りTACのスピードテキストを読み込み、全体概要を掴みました。
これにより、自分の得意/不得意や暗記する絶対量を把握できたことは結果として良かったです。

4月〜7月は7科目のTACスピード問題集を3サイクルほど繰り返し
1次試験の過去問については、財務会計と経済学について3年分取り組みました。
特に経営法務や中小企業経営・政策の過去問については、
出題時から制度やデータが変更になっている場合があるため、
その点を注意しながら取り組む必要があると思います。

独学だったため、TACの診断士講座「1・2次ストレート本科生」の開講スケジュールを参考として、
自身の勉強のスケジュールが遅れないように意識しておりました。

2次試験(筆記)
2020年7月 1次試験自己採点
2020年8月〜10月 2次試験過去問を解く

1次試験が終了後すぐに自己採点を実施しました。
というのも、2次試験に必要な市販教材はすぐに売り切れてしまうことが多いので、
7月中に自己採点、2次試験の教材発注をすることをお勧めします。

8月〜10月はふぞろいを利用して、事例I〜Ⅳの過去問を15年分を2サイクル解きました。
最初は全く時間内に記述することができませんでしたが、
過去問を繰り返し解くことで必要なキーワードや言い回しを覚えていくことができるので、
10月頃になってようやく時間内に解き終わることができるようになりました。

2次試験は自身のアイデアを披露するのではなく、
あくまで事例ファーストで採点者にわかりやすく解答することが求められますので、
採点者が慣れ親しんでいる解答様式を把握する面でもふぞろいの活用は効果的だと思います。

2次試験(口述)
2020年12月 筆記試験結果発表後に準備開始

筆記試験で事例Ⅱ以外は解答の出来が納得がいくものではなく、
完全に来年に持ち越しだと考えていたため、筆記試験終了後は何も準備しておりませんでした。

急いで各事例の振り返りや各種予備校の想定問題集を読み込むなどして試験に臨みましたが、
口述試験は合格率がかなり高いため、筆記試験結果発表後にも準備することで個人的には問題ないかと思います。

■おわりに

私の1年間の勉強の流れを記載いたしましたが、
勉強の中で何よりも意識したことは、間違えたところを繰り返し復習するということです。
苦手な部分は目をそらしたくなるものですが、そこは自分に厳しく取り組むことが重要だと考えております。

モチベーションの維持や仕事との両立など大変なこともあるかと思いますが、
合格後の姿をイメージして諦めずに取り組んでいただければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!!

次回はタッドさんの初投稿です!
お楽しみに!
========================
【イベント詳細、お申込みはこちらのページから】
========================
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
↓下のボタンを押して、読んだよ! と合図していただけると、とっても嬉しいです。(診断士関連ブログの人気ランキングサイトが表示されます)

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

にほんブログ村

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です