IT流 情報システムインプット術 by むーむ

読者の皆様、こんにちは!
タキプロ12期の「むーむ」です。
今回3回目の投稿です。前回前々回の記事。今回もよろしくお願いします!
今回は「情報システム」について実体験を元に少し対象者は絞られますが書かせていただきます。

■おすすめの職種

「むーむ」は主にIT業界で下記経歴です。

ガラケー向け着うたサービス→スマホ向けゲームタイアップ・コラボ営業→
会員制WEBサービス・EC→VODサービスマーケティング・経営企画→
会員制WEBサービス・EC・生配信事業(いまここ)
という感じでモバイル、WEB、スマホアプリなどIT業界でコンシューマー向けサービスに関わってきました。

特に経営企画に任命されることにより中小企業診断士取得のきっかけになったのですが
ITに関わる方でしたら通常業務や日々の生活に絡めて結構すんなりインプットができると思います!

■身近な機器や環境に合わせて覚える

まずはもちろんテキストや説明動画をざっと見聞きしました。
その上でテキストのそれぞれの項目を身近な機器やソフトウェアなどに当てはめてみます。

たとえば通信ネットワークであれば自宅のWifi環境や会社のLAN接続などを思い浮かべながら
「ここはあそこの機器が担ってるんだ」とか
「あのときこういう設定したからこういうロジックだったんだ」とか
照らし合わせることにより理解しやすく思い出すときの起点にもなると思います。

そのイメージを踏まえて再度テキストと照らし合わせてインプットしていくと結構覚えられます!

インターネット

■経営情報管理は実務で関わってると楽

さらに絞られますが経営情報管理に関する知識は一般的なITの知識とかなりリンクした内容になっています。

例えば開発モデルとしてウォーターフォール、アジャイルなど実務でも活用できそうなワードもたくさんあるため
プロジェクトに関わる方やWEBディレクターなどの方は
実益兼ねて関連書籍なども一緒に読むと試験勉強というより自己鍛錬的に勉強がはかどるかも!
(アドバイスになってないです?笑)

とはいえ、みんながみんな実務に関わってるわけではないと思いますが
結構ポピュラーな用語や意味が転じてIT以外でも使われている用語などもありますので
聞き覚えがあるワードを中心にまず知識を蓄えていき、追加でインプットしやすいカテゴリ、
用語から克服していくと案外60点超えしやすい科目だと思います!

過去記事で用語についての記事もありましたのでこちらもご参考に!

とにかくイメージと実生活との連携が大事です!

■おわりに

最後まで読んでいただきありがとうございます!
今回自分なりの「情報システム」対策について書いてきました。
ちょっと絞ったターゲットの内容にしてみました。

次回はゆうすけさんの登場です。
お楽しみに!

============================================
【タキプロでは勉強会・セミナーを随時開催しています】
* WEB勉強会
中小企業診断士試験合格を目指す受験生のためのオンライン勉強会(Zoom・facebook)を随時開催しております。
時間や場所にとらわれずに自由闊達な議論ができる環境をご用意し、一人でも多くの合格者を輩出することを目指しています。
勉強会詳細やスケジュールはこちらをご覧ください。

* セミナー
「勉強法・学習計画に悩んでいる」「勉強仲間が欲しい」などの悩みを解消すべく、セミナーを随時開催しております。
タキプロメンバーによる自身の経歴を交えたプレゼン、タキプロメンバーや他受験生と意見交換ができるよろず相談会、
さらには任意参加の懇親会など、様々なコンテンツをご用意してお待ちしております。
セミナー詳細やスケジュールはこちらをご覧ください。
=============================================

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
↓下のボタンを押して、読んだよ! と合図していただけると、とっても嬉しいです。
(診断士関連ブログの人気ランキングサイトが表示されます[クリックしても個人は特定されません])

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

にほんブログ村

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です