実務補習で大事な3つのこと by わたさそ

皆さま、こんにちは。
5回目の投稿となる「わたさそ」です。

口述試験を受けた方、お疲れ様でした!
緊張しましたよね?でも、落とす試験ではないのでご安心を。

今回のテーマは「実務補習」です。

私は7月、8月、9月の5日間コースを3回受けました。
業種は「印刷業」「建設業」「衣服卸売業」でした。

先生のやり方も違いますし、チームの皆様からも刺激を受けます。
今日は、実務補習を実りあるものにする3つのことを紹介します。

事前準備はやっぱり大事

実務補習では、初日の午後に社長へのヒアリングがあります。
(建設業は社長の都合で、午前10時からでした…)

また、経営戦略(班長)、営業、人事、財務、生産、情報などの担当決めは、午前の集合・挨拶後に決めます。そこから事前準備したのでは間に合いません…

では、どのような視点で事前準備しておけばいいでしょうか?
私が感じたのは、3つの視点です。
(1)診断の基本フレームを抑える
(2)業界動向を調べる
(3)診断企業の事業内容の確認と財務分析を行う

(1)診断の基本フレームを抑える
寺嶋直史著『事業デューデリジェンスの実務入門』を読むのがお薦めです。この通りに進むわけではないですが、ヒアリングのイメージがわかり、どの領域を担当することになっても慌てずにすみます。

(2)業界動向を調べる
図書館で『業種別審査事典』で、該当業種を印刷して、業種動向を読むのが手っ取り早いです。加えて、グーグルで業界動向をチェックしておけば万全です。あまり時間をかけないようにします。

(3)診断企業の事業内容の確認と財務分析を行う
事業内容は「ホームページ」だけで十分ですが、沿革は必ずチェックしましょう。ヒアリングは、会社設立から聞いていくため、頭に入っているかどうかで理解度が変わります。

財務分析では、2次試験で勉強した財務指標を時系列で算出しておきましょう。また、付属資料も目を通しておくと、チームの会話についていくことができます。

ヒアリングは「現在だけでなく、未来も意識する」

ヒアリングでは、自分の担当領域を10分ぐらいでヒアリングします。

「問題点が顕在化している」企業は、ヒアリングしやすいです。

一方、「事業が比較的順調で、問題点が顕在化していない(ように見える)」企業もあります。その場合、現時点のヒアリングだけだと、何を提言したらよいか悩むことになります。そのときは「このまま行くと問題になりそうな部分を質問して探り当てる」ことが重要です。

診断企業の2社目・3社目は、比較的順調な企業でした。

自分は「現在は順調ですが、この状態が続くとすると、〇〇の問題が起こるかなと思うのですが、いかがですか?」と質問して、社長の認識も聞いたおかげで、方向性が見えていました。

一方、チームメンバーの中には、現時点のヒアリングが多く、「課題として何を書けばいいかわからない」と悩む方もいました。

初日のうちに、報告書の骨子を「構造化」する

ヒアリングが終わると解散し、翌日にチームでSWOT分析や戦略の方向性を検討します。
ただ、初日のヒアリング後の行動が大事だと感じました。

報告書は、担当領域を「現状」「課題」「提言(施策+期待効果)」の流れで作成します。
初日のうちに、大きな流れを作る(構造化する)とすごくスムーズです。

2日目は、チームメンバーに構造化したものを共有して、メンバーの指摘を踏まえてブラッシュアップします。
2日目が終わった時点で、書くべき内容が構造化されていれば、報告書作成がすごく楽になります。

私はイメージが完成していたので、短時間で報告書の作成が終わり、指導員からも「すごくわかりやすい」とフィードバックをもらいました。

一方、ほとんど考えていなかった人は、報告書作成が思うように進まず、文章もわかりにくかったです。また、課題と提言が連動していない人もいました。

合格後の活動

2022年3月に、書籍を出版します(診断士ではなく、会社のプロモーションの一環です)。
著者プロフィールに「中小企業診断士」が入ります。取得してよかったと、改めて実感しました。

執筆活動で時間を取られて、協会に入っても活動できないと思い、まだ未加入です。
(タキプロの活動もほとんどできず、そこは残念でした)
やっと余裕が出てきたため、今後は協会や研究会に参加しようと思っています。

新しい刺激を受けながら、個人のブランディングを進めていこうと思います。

おわりに

本日は「実務補習で大事な3つのこと」を取り上げました。
実務補習は、すごく貴重な経験ができる場ですので、頑張ってください!

次回はどぅどぅーさんの登場です。
お楽しみに!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
↓下のボタンを押して、読んだよ! と合図していただけると、とっても嬉しいです。
(診断士関連ブログの人気ランキングサイトが表示されます[クリックしても個人は特定されません])

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

にほんブログ村

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です