口述試験当日の過ごし方byしふぉん


タキプロ14期メンバー募集中!
★キックオフイベント開催★
詳細は以下のバナーをクリック

読者のみなさん、こんにちは!

しふぉん

タキプロ13期しふぉんです!

いよいよ!口述試験当日となりました!
受験される皆様、準備はいかがでしょうか?
持ち物の確認はできましたか?

■はじめに

口述試験当日を迎え、緊張している方もいらっしゃると思います。
今日一日を乗り切るための大切なポイントをお伝えしたいと思います。

■一番大事なことは、時間までに会場に着いていること

今日一番大事なことは、時間に遅れずに試験会場に着いているということです。
それだけでもうほぼ合格に近づいたと思ってください。
口述試験はほとんどの人が合格する試験で、落とすための試験ではありません。
うっかり電車遅延などに巻き込まれて遅れてしまったりしないように、なるべく早く家を出て会場のそばまで行くことをおすすめします。

■待ち時間は事例の復習を

早めに会場近くに着いたら、事例の復習をして本番の準備をしておくといいと思います。


ちなみに私の場合は試験の時間は午後3時頃でしたが、昼前には会場の最寄駅に着いていました。
試験までの時間は、昼食をとったり、JR の駅にステーションワークと言う15分単位で使えるワークスペースがあるのですが、そこに一人でこもって、ひたすら想定問答集に応えたり、与件文や再現答案を見直すということをやっていました。緊張しいなので、話すことに慣れるためにも、会場に入る前にも話す練習してから本番に臨みました。

会場に入ってからの時間は長いようで短いです。
やはり場の雰囲気で緊張度も増しますし、何度か移動もするので、できれば会場に入る前に少しでも復習しておいた方が落ち着いて心の準備ができるかと思います。

■本番・・・詰まっても焦らなくて大丈夫!

緊張しないように・・・と準備をしていましたが、やはり本番はとても緊張しました(笑)
緊張しすぎて、詰まってしまったのもあり、最初の質問の答えが短くなってしまい、もう少し話してくださいと注意される始末・・・
その場は素直に謝り、その後は、試験官の方も答えやすいように質問して下さったのもあり、話せることを話して、口述試験を終えることができました。そして、そんな私でも合格をいただくことができました。

なので、もし本番で緊張してしまって詰まったりしても、最後まで落ち着いて臨んでください!

■おわりに

口述試験を乗り切れば、これで診断士試験は終わりです!
この後は、実務補習や実務従事という診断士登録へのステップへ進むことができます。
(ちなみに、女性合格者座談会第一弾part2で合格後のリアルな話が繰り広げられていますので試験が終わったら覗いてみてください)

それでは今日一日、頑張ってくださいね!いってらっしゃい!!


次回はhide_kingdomさんの登場です。
お楽しみに!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
みなさんの合格をお祈りしています! バナーをクリックしていただけると、とっても嬉しいです。
(診断士関連ブログの人気ランキングサイトが表示されます[クリックしても個人は特定されません])

にほんブログ村
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

タキプロ中小企業診断士 WEB勉強会の参加申請はこちら↓

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。